スポンサーリンク

読者の方から、「TH」の発音についてのコメントをもらいました(^^)。「TH」を使った単語についても紹介していきます(^^)。

確かに、「TH」の発音をわざわざしなくても、「サンキュー(Thank you)」とか、「ザッツオーケー(That’s ok)」「ブルートゥース(Bluetooth)」などなど、全く問題なく通じます。

「カッコつけて発音して、逆に通じなかったら恥ずかしい思いをする」と思っていませんか?

実は、ちょっとした違いだけでネイティブ英語に聞こえるんですよ。本当にちょっとした違いだけです。

 

実際に私も発音してみました(^^)。

カタカナバージョン↓↓↓

 

英語バージョン↓↓↓

 

カタカナ読みでも通じることは通じますが、やはり英語バージョンの方は、「TH」の息の出方が違いますよね。

カタカナの方は、「さしすせそ」の「さ」の発音。英語の方は、「TH」の発音です。

 

「TH」は、日本語の「さ」と何が違うのかなと思った時に、「TH」息の出方が違うのと、「Thank」の「A」が少しソフトな発音になっていますよね。

一方、カタカナで「サンキュー」と言った場合には、「SA」と「A」をもっとはっきりと発音してしまっている。

 

なので、「TH」の発音をマスターするには、舌を歯と歯の間に挟めて、そのまま息を吐きだします。

このような感じで↓↓↓

 

「こんなに「TH」で息を吐きだすのだろうか…」「講師のかおりは大げさなんじゃないか」って思われるかもしれないのですが、

結構はっきりと発音した方がいいです。

日本人にとっては、口をはっきり動かして発音するということにはなかなか慣れないかもしれません。

日本語は、口を動かさなくてもしゃべれる言葉ですからね。↓↓↓

放っておいてはダメ!「英語の発音をマスターするための口の形」について知っておくべきポイントとは?

特に「Bluetooth」を発音したい時などには、「TH」をはっきり発音しないと「ブルートゥ」って聞こえます。逆に「えっ?」と聞き返されるかもしれません。

昔のクラスメイトのタイ人の学生が、語尾が聞こえない英語をしゃべっていたのを思い出しました。汗

 

ちなみに、タイ人と日本人が英語でコミュニケーションができるということは、お互いの発音が一定レベルでいい。合格。ということだそうです。(タイ人説)

恥ずかしがらずにしっかり発音するのが上達への近道です(^^)。

 

PS

私のTwitterのフォロアーさんから、「Weather」と「Whether」の発音の違いはありますかという質問を受けました。

同じ発音なのですが、アメリカ英語では、「Whether」では、小さい「ホ」をつけたような発音になることもあります。

基本的には同じなので、文脈で判断することができます。

例えば、「How’s the weather today?」という質問で、「Where or not…~しようとそうでなかろうと」という意味は出てこないでしょう。

また、Whether or not you believe it, I passed the exam!!「あなたが信じるか信じないかは別として(信じようと信じまいと)、試験に合格したよ!」という文脈で、「Weather天気」を想像する人はいないと思います。

「発音は同じで、アメリカ英語の時は少し発音が違う」と覚えておくことがポイントですね。

 

かおりの無料レッスン体験版では「なぜ講師かおりと一緒に英語をやると絶対できるようになるのか」が分かります。

いつまでも公開しているわけではないので、お早目に視聴してみてくださいね(^^)。

 

Thank you for your cooperation 😉

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク