「日本語をしゃべる友達を探しています」

 

こんなメッセージから始まったメル友と6か月後には結婚してスペインに移住するなんて

あの時の私は考えてもいませんでした。

 

というか、スペインってどこにあるんだっけ…?と思ったのが最初の印象。

 

その後は移住して3か月後に結婚

3年後には4人家族になりました。

 

現在の生活はというと、3年前には考えられなかったような生活をしています。

 

自慢でもなく誇張でもなく言わせてもらうと、

私の夫は会う日本人の99%が「かっこいい」というほどのイケメンです。

また、友人にうらやましがられるほど、夫は家族思いで育児にも積極的。

料理は私より上手だったりします。彼が作るスペイン料理はレストラン級です。

 

娘二人も超かわいいです。日本に帰るたびに、道行く女子高生にかわいいと言われて、

「写真とってもいいですか?」と言われるほどです。

 

ちなみに、私は全然かわいくありません。

どちらかというと、目立たないタイプで社会不適応タイプの人間です。

 

娘と二人で写真をとったら、「お手伝いのマレーシア人?って言われそうだね」と母が言っていました。

あまりにも似ていないので、子どもと歩いていても、「あなたの子どもですか?」って聞かれます。

 

妻、母、人として私のことを尊敬し大切にしてくれる夫、かわいい子ども

愛する家族との幸せな暮らし、ストレスのない自由な仕事、

一番したかったことができている人生、プラス思考の健康的な暮らし

トリリンガルで有利な環境

 

この環境で生活するようになったのも、英語が全てのきっかけでした。

(国際カップルを勧めているわけではありません)

 

英語の成功習慣からこんなことが…

 

こんな出会いが起こる約3年前のことでした。留学から帰国した私は、日本の雇用事情も詳しく知らないまま、いわゆるブラック企業へと吸い込まれていきました。

 

帰国してからの仕事を心配していたので、卒業してから英語を使った仕事が見つかっただけでも心が躍るような気持ちでした。

実際、就職難の時期だったし、倍率も結構なものだったと聞かされていましたから。

 

逆カルチャーショックのようなものを受けながらも、「こういうのが日本だったよね」と受け入れて働き始めました。

 

留学前の人生はというと、大学を卒業してから職を転々としていました。

さらには深夜のコンビニのアルバイトまでして貯めたお金を留学につぎ込みました。

周りの人から見たら、ただの人生を迷っている人としか見られない時期もありました。

周りの人がいわゆる成功者と言われる企業に就職して5年も10年も勤めて、確実にお給料が上がっていく。

25歳くらいで学生の時に大恋愛した彼氏と続々と結婚していく。

 

そんな中で私は変わり者でしかありませんでした。

 

だから、留学から帰国したら、とりあえずちゃんとした仕事をしよう。仕事くらい見つけて親を安心させよう。そんな気持ちだったから、とりあえず仕事につけてよかった。

それで単純に企業の中の一スタッフになりました。

 

英語習慣を身につけて大成功というサクセスストーリーのつもりが、

入社後にはとんでもないブラック企業の一員になってしまったいうことがわかりました。笑

 

今は笑い話になってしまうのでいいですが、

実際、その企業はブラック加減で有名でした。

 

私が受けた、その企業の印象としては、昔からの感じを捨てられないところが

やっぱり日本っぽいなとも思いました。

 

手当なしサービス残業

土日出勤

上司が絶対的な存在

上司が部下に給料をやっている態度(本来は給料をくれているのは社長では?)

上司の機嫌取りが一番大切

ダメだしがすごい勢いなのでモチベが一気に下がる

成績にかかわらず長く勤めている人が一番偉い

長く勤めている人を崇拝する文化

がんばってもがんばってもがんばっても一定レベルまでしか昇進しない

将来の夢が見えない

ベトナム戦争に行くアメリカ兵士のように感じざるを得ない状況(元同僚談)

ロボットのように動かなければならない管理された状況

 

いえ、決して否定的に見ているわけではありません。

むしろこういう状況に自ら入っていたことはラッキーだったと思っています。

 

だって、こんな労働環境にいたから、やっぱり「自分らしくいられるところないかな」って探し始めて

今の生活が手に入ったんですから。逆に有利だったと思いますよ。

 

そういえば、英語習慣からこんなことが…っていうことでしたよね。

 

こんな労働環境だったので、現実逃避といえば、インターネットですね。

私はブラック企業で将来のキャリアが見えなかったというのと、本当に何年も続けていくのかという不安があったので、違う道を探すことにしました。

 

その時の私の年齢はいわゆるアラサー。

周りの友達はみんな結婚して子どももいました。

 

当然私も家族や親せきから見えないプレッシャーを感じていました。

だけど、本当に心からそういう予定がない時って、どうしましょうね?

 

本当に罪悪感と共に暮らすしかありませんよ。

心の中では「親は私が結婚して幸せに暮らすのを望んでいるんだろうな」って思いながら何もできない。

 

それで、両親は「かおりが幸せで一人で生活できる力があれば、それで私も幸せだから」って言ってくれてるけど、

本当は娘が結婚して子どもを産むのを望んでいる。

 

「もう、両親のその期待には応えられない…」

 

忙しくしている中でも、家族と過ごしているふとした瞬間に、そんな考えが頭に浮かんでくることが増えてきました。

 

仕事ならなんとかして職を探して…ってできるんですけど、結婚相手ばかりはね…

私の個人的な性格上、お見合い相手と出会っても「やっぱりやーめたっ」ってすっぱりすぐに離婚するのが目に見えていましたから。

 

だんだん日本社会がもうやんなってきてしまったんですね。正直。

 

これぞ、社会不適応者。

 

30歳になるまでも、社会不適応者的なところがありましたけどね、やっぱり変えられないですよ。こういうところ。

ちなみに、こんなダメ人間の私でも英語できたんで、普通に生活してる人なら絶対大丈夫ですから。

 

それで、プレッシャーとか、社会とか、ブラック企業とか、現実逃避せざるを得ない状況が重なって、

私は「もうどこか旅行して、それから人生考えよう。特に地元に待っている恋人もいないし」って考えました。

 

それからはとりあえずキケンではなさそうな、ヨーロッパあたりをウロウロしてみようかなと思って、

言語交換、ヨーロッパ的な検索結果で出てきたサイトで、友達を探すことにしました。

 

普通の日本人の感覚だと、ヨーロッパ旅行って高そう!とか、計画立てなくて大丈夫??って思いますけど、

バックパッカーで気軽に行けるし、ホステルでも20ユーロ/泊とかあって大丈夫です。(←あんたの考え大丈夫?って感じですけど)

女性一人旅で危ないところ以外は、安全。と思います。

 

いえ、でも普通の人はツアーとかで申し込むんでしょうけど。

 

それで、こういう言語交換サイトって日本人の女性がカモになっていくんですね。もうウンザリでした。

どうして日本人女性って、なめられるんですかね。

西洋人男性ってどうして日本人女性は軽いって思うのか…まあどちらが悪いというわけでもないんですけどね。

 

こんな考えが留学中に染みついてしまって、「なにくそ負けるか!!」と

ぐんぐんたくましく育ってしまった私。

 

もう男性には誰にも相手にしてもらえませんでした。笑

ガーガー意見を言い合える外国人ならまだ相手にしてもらえますが、

静かで癒し系を求める日本人男子とはご縁というものはないに決まっています。

 

インターネットでヨーロッパの友達を作った方が、旅行をしたときに楽しいだろうという単純な理由で

女性の友達を探し始めました。

イタリア人、フランス人、イギリス人…

 

日本に単純に興味があって、ただ「日本語をやってみたい!!」っていう女性は結構いるんだな…面白そうということで、

どんどんインターネットの世界にはまっていきました。

 

なぜかそこで紛れていたのが今の夫です。笑

スペインは実際どこにあるのかその時は知りませんでしたし、なんで夫と繋がることになったのか覚えてもいません。

 

でも、不思議なこともあるもんだなと思います。

 

英語習慣からどうしてこういうことになったか。

というと、「○○するには○○が必要」「あなたの意見はそうだけど、私はこう思う」

こんなことがはっきり言えるようになってくるんです。

 

考え方ですかね。

 

自分を主張できるようになって、強くなる。

目標を達成するには、何が優先順位かわかってくる。

プラス思考になる。幸せ体質になる。人生で成功する。

 

こんな習慣になってきます。

 

だから、英語に関わらず、「○○を達成するためには何が必要か」って考えて行動できるようになる。

 

その時の私は、「幸せになるためには、スペインに行ってみる」

 

こんな答えに辿りつきました。笑

 

 

英語ブログについて、私はこう思う

 

 

英語系のブログってたくさんあるのですが、

「私はこんなに苦労したけど皆さんには楽にペラペラになってほしいと思っています」

っていうメッセージが多いですよね。

 

この考えには反対しません。もちろん、最短最速でペラペラになれたらいいなって思いますし、

これから英語をやってみたいと思っている人にはペラペラになって成功して欲しいです。

 

でも、その方法ってブログだけでノウハウを伝えられるのかな?

という疑問があります。

 

英語の参考書や楽しく始められる英会話の本って本屋さんに行ったらいくらでもありますよね。

 

1,000円くらいでCDつきで売っていて、手軽に始められます。

 

でも、いくら本を買っても喋れるようにならないのはなぜでしょうか?

考えたことあります?

 

私も何万円、何十万円というお金を書籍に費やしましたが

決してそれでしゃべれるようになったことはありませんでした。

 

無料のウェブサイトや情報をあさってみても、ふーん…で終わってしまって特に実践もせず…

 

という行動パターン。だから、やっぱり英語の知識だけでは成功できない。

そう思って、人として全体的にアプローチする方法で、成功習慣を身につけていかないと

英語ってものにならないんじゃ…?と思って、独自の考えを発信しています。

 

 

英語と私との関係をサクッと書いてみた

 

そういえば、私と英語の関係についてちょっと書きたいと思います。

 

といっても、英語との出会いなんて中学とかなので、省略します。

でも、転機についてはちょっと参考になることがあるかなと思ったので、少し書きます。

 

私が本当に変わったのは、社会人になった後にどうしても海外に住んでみたくて

留学したことがきっかけでした。

 

でも…留学で変わったわけではありません。笑

 

よく、「留学中の出会いで変わった!」という体験談とかを見て海外にいそいそと出かけていく人いますよね?

 

でも、あれってなんか海外に夢みたいのを抱いていて、「海外に行ったらきっと変われるんだああ!!!」

って思って行く人もいると思います。

 

実際、「海外に行く=英語で変われる」っていう信念がある人であれば

何かしらの形で変われるでしょう。

 

帰国してもキャリアアップしたり、性格が変わったり。

 

でも、海外に行くことが英語がしゃべれるようになることではない。

 

と私は信じています。

 

何が言いたいのかというと、日本にいても、どこの国に住んでいても

日常生活の中に英語を取り入れて

英語がしゃべれるようになります。環境があれば、正しい方法で褒めてもらうのが一番いいんですが、続けていたら必ずできます。

 

それをただ、英会話学校に行く時間がない、

モチベーションが続かない、英語なんて必要ない、無料情報を追いかけていて充分だ

お金を払って習うまででもないという理由をつけて

辞めてしまう。

 

英語学習者のうち、挫折している人は85%というデータもあります。

 

英語ができるようになるには

勉強法とマインドセット、そして成功環境があれば誰でも簡単に成功することができます。

 

 

変わったのは帰国後

 

実際、私が英語で成功習慣のようなものがついてきたのは、帰国後でした。

 

帰国してから英検一級とTOEIC960をとりました。

それで目標を達成するためには、全体的になんとなく頑張っていてもだめなんじゃないか

っていうことに気がつきました。

 

英検1級レベルの力に費やした時間は留学期間も合わせると5年以上。英語人生は15年以上です。

 

ここで得たことは英検のための知識もそうですが、自信、諦めないこと、続けること、必要な環境です。

 

小学生の教室に貼ってありそうな言葉ですよね…苦笑

 

でも結構大切なことだったりします。

英語ができるようになるのに必要なことは、実は言葉で言ってしまえばこんなに簡単なことなのかなって

思ったりします。

 

 

英語で成功した有利な人生

 

私は英語力がついてから、はっきりと自分の意見を言うようになって

好きな人とばかり付き合う環境になりました。

 

人間関係って人生の大半ですよね。それをコントロールできているのって

ストレスがなく有利な人生です。ポジティブな人とばかり付き合えるので、自分にとっても相手にとってもいい関係。

 

就職でも有利で、最初の就活では倍率がTOEICの点数が高かったために80人に一人しか受からないポジションを

得ることができました。)帰国後の就職でも、その当時はTOIEC950以上で帰国前から就職が決まりました。後にブラック企業だったことがわかりましたが…( ゚Д゚)

 

でもその後は最愛のパートナーに出会って、

愛する家族との生活、友人、場所や時間を選ばない自由な仕事、健康的な生活を手に入れることができました。

 

 

結局どうやったら英語ができるようになるの?

 

色々書いていますが、最終的に行きつく所って、

「結局どうやったら最速でしゃべれるようになるの?」っていうことだと思うんです。

 

出来たらあまり苦労しないで、挫折しないで、

隙間時間とかにお金をあまりかけないで英語が上手くなりたいっていうことだと思います。

 

①正しい方法を知る

②できる人がいることを知る

③正しい環境を選ぶ

 

今、このブログにたどり着いてくれたということは①と②ができています。あとは

できる環境に身を置くだけです。

 

正しい環境??

「さあ、英会話の○○スクールのお試しレッスンへ行こう!」ってなるのは挫折者85%です。

 

英会話教室は、教師が、生徒全体のレベルに合わせなければならないので、あなたが伸びる力があっても

停滞することがあります。

なので、結論は、自分のペースでどんどんレベルアップしていく学習法が一番です。

正しい英語環境の中で、力をつけたあなたの英語力は、他の人の比べ物にならないでしょう。

TOEIC700点とってもしゃべれないっていうことは絶対ないです。

 

音声で何度も繰り返して練習できる教材がいいですね。英会話教室へ行くと、先生は一度しか言ってくれません。

 

またはロールプレイで練習しても、一度だけでは定着しないのですぐに忘れてしまいます。

ですが、あなたが音声を持ち歩いていつでも練習できたら、

脳みそに発音もすべてインプットされるのでより定着します。

 

正しい方法で学習していくことで、成功者と同じように考えられるようになって

あなたも英語がしゃべれるようになって、私生活でも成功連鎖が起こり始めます。

潜在意識レベルでコントロールできることなので、私の最初のストーリーのように、

説明できないことが人生で起こるようになるでしょう。

 

英語から成功習慣を作って幸せ体質になり、人生で成功しませんか。

 

長くなってしまいましたが、最後まで読んで下さり、どうもありがとうございました(^^)

ではでは

 

感想やメッセージなど、とても嬉しいです(^^)声を聞かせてください!

 

↓↓↓

お問い合わせ