スポンサーリンク

「英語ができるようになりたい」「履歴書にTOEICの点数を書きたい」と思ったら、まずはTOEIC600以上を目指す人も多いのではないでしょうか。

国際ビジネスコミュニケーション協会によると、TOEIC600以上は、英検2級がTOEIC450~550点に当たります。なので、TOEIC600点を目指している場合は、ちょうど英検2級と英検準1級の間くらいのレベルを目指すということになりますね。

今回は、時間や労力を無駄にせずに、確実にTOEIC600以上を取る方法をまとめました。

TOEIC600以上の読み(リーディング)レベル

TOEIC600以上のリーディングレベルは、簡単な洋書が読める、英検2級に合格できる、長文読解は得意ではないレベルと言われています。

確かに、英語を始めた頃に比べて、「全くわからない状態」から、「自分から英語学習を続けている状態」になっている人も多いのではないでしょうか。そして、簡単な英文記事、そしてインターネットで出てくる英語の情報も「辞書なしで読める」ことも増えてくるレベルです。日本で社会人として働くことを考えていたら、まずは有利な条件としてTOEIC600点以上と履歴書に書きたいですね。TOEIC600以上を取っていれば履歴書に書けるレベルでしょう。

TOEIC600以上のライティングレベル

TOEIC600以上のライティングレベルは、TOEIC公式ページでは、「自分宛に書かれた仕事のメモを理解して伝えることができる」と書かれています。簡単なビジネス語彙にも慣れてきて、仕事で使われるビジネス英語も理解できるレベルでしょう。

就職活動の時にも、企業は「社内の英語でのメールのやりとりができるかどうか」という判断基準で英語力を見ているようです。TOEIC600点以上のライティングレベルでは、完璧なエッセイを書くレベルはなくても、簡単な業務内容を伝えられるレベルと言えるでしょう。

TOEIC600以上のリーディングレベルになるには?

中学英文法レベルを理解する

「高校英文法が大切だ」という人もいますが、まずは基礎の基礎、中学校の英文法が分かっているかをチェックすることが大切になります。基礎ができていなくて上辺だけをなんとかしようと思っても伸び悩んでしまいます。中学校までの動詞を確認するためには、こちらのシンプル動詞シリーズが参考になると思います。

TOEICが200点から400点になるまでは、1000~1200時間、TOEIC300点から500点になるまでには、750~900時間かかると言われています。TOEIC500点が700点になるまでには、600時間程度と言われています。

参照元:サウスピーク

一日平均して1~2時間勉強したとしても、500日かかる計算になりますよね。500日、毎日1~2時間勉強できるってなかなか難しいのではないでしょうか。まずは英語学習を習慣化するこつを身につけることが大切になってきますよね。

リーディングとリスニングの相互作用

「TOEIC600以上のリーディング力だけが欲しい!」と思っても、リーディングだけ対策しているわけにもいきません。リーディングを上達させたいからと言って、リスニングを無視してリーディングばかりやっているわけにもいきません。実は、リーディングもリスニングも効果的に学習することが、TOEIC600点以上を取る秘訣になってきます。

個人的には、リスニングだけが好きで多くのドラマや映画などを見て英語学習をしていました。でもなぜかいつまでたってもリーディングが伸びていきませんでした。実際は「読んでしっかり理解すること」が大切だったようです。

「読んでわからないものは、聞いてもわからない」ということで、リーディングを確実にできるようにすると、リスニング力も底上げされていきます。リーディングとリスニングの相互作用で上達できる方法には、音読トレーニングがあるので、取り入れてみてもいいでしょう。

TOEIC600以上のレベルのリーディングに慣れる

単語を一つずつ覚える、英文を1文ずつ理解するということも慣れてくるまではいいかもしれませんが、TOEIC600以上のリーディング力をつけていく、そしてもっと上のレベルを目指すためには、どんどん英文を読んでいく必要があります。多読が効果的です。

わからない単語が出てきたら、とりあえずメモをしたり先に進むなどの工夫をしながら読んでいきます。多読と速読の効果についても多くの人が実証しているので、多読は本当に効果的です。

TOEIC600以上の単語のインプットも大切

「辞書を引かなくてもいい」と言っている問題集もありますが、やはり新しい単語をインプットしていくことは大切ですよね。知らない単語が多ければ、内容が理解できなくなってしまいます。単語を一つ一つインプットするのは時間もかかりますが、楽しくできる方法、記憶のルールを上手に使う方法もあるので、活用しない手はないでしょう。

効果的なのは、隙間時間を上手に活用して学習することです。隙間時間に何度も見なおすことで、同じ単語でもリピートして覚えることになります。

TOEIC600点以上レベルは、時間の有効活用をして単語のインプットをする

仕事や学校の勉強、就職活動が忙しくて、「まとまった時間がとれない…」という人も、隙間時間を利用すると、一日1時間~2時間を英語学習に充てることができます。実は、この隙間時間がTOEIC600点以上を取るためには鍵を握っている時間でもあります。

「たかが隙間時間だから」と思われがちですが、この隙間時間は本当に人生を変えてしまうくらいの力を持っています。特に、私管理人は、隙間時間を使って仕事、育児、家事などをこなして幸せな生活[プロフィール]を手に入れてきました。隙間時間を使ってできることをシーン別に見ていきましょう。

朝活、隙間時間

朝の時間はかなり貴重と言えます。「夜型なんだよね」と言っている人も、「世界の成功している経営者がどれだけ朝型人間か」知れば、明日から「必ず朝型になろう!」と思うでしょう。朝時間でできることは、「早く起きること」だけかと思われがちですが、たくさんあるようです。

ランチ

ランチの時間は、ただネットサーフィンをして終わってしまう人も多いかもしれません。ですが、気分転換に外に出た時に音読トレーニングをしたり、英語のPodcastを聞いたりすることもできます。私はYouTube動画で英語学習方法について配信しているので、参考にしてみてください。メンタルブロックを外すと一気に加速できると思います。Please subscribe!

日常的に英語を聞くことや読むことに慣れることが、TOEIC600点への近道になってきます。0から英語を始めた生徒さんが、使っていたスマホで見られるツールもあるので、参考にしてみてください。

就寝前

就寝前は、「疲れてなにもする気がしない」「会社から帰ってきたらテレビを見て終わっている」という人も多いかもしれません。でも就寝前も活用できる時間帯になります。スマホに依存していたらスマホの光で眠りの質が阻害されるので、ペーパーバックがおススメです。ペンギンリーダーズなどでレベル別になっている本を探すと確実に進歩を確認することができます。

例えば、不思議の国のアリスは「こんな本、知ってるから面白くない」と思うかもしれません。でも内容を知らない本から始めるより、既に内容を知っている本から始めた方が絶対にいいです。なぜかと言うと、知っている本でも「こんな本知ってるから面白くない」と不満を言いますが、内容を知らない本だとなおさら「内容がわからない」と言って結局読まずに終わってしまうからです。

今の英語レベルよりも「少し優しいかな?」と思うレベルの本がいいでしょう。

ただひたすら暗記するのではなくて、実はもっと効果的な方法とは?

ただひたすら暗記するのは、もう苦行になってきますよね。英語が本当にできるようになる人が使っている方法は、先に設計図を立ててしまうことです。逆にこのフレームワークを知らないと、途中で挫折してしまって時間も労力も全て無駄になってしまうので、知っておいた方がいいでしょう。無料視聴動画で見られるようになっています。

TOEIC600以上のライティングレベルになるには?

TOEIC600以上のライティングレベルを知る

Yesterday, I received a package from the museum with my membership materials and free gift.

参照元:TAC

このレベルが理解できれば、TOEIC600以上のレベルだと言えるでしょう。日常的に英語を使う場合も、TOEICのSW試験を受ける場合も大切なのは、スペルミスをしないことですよね。知っている単語ほど、スペルミスをしてしまいがちかもしれません。

実際にノートに書いたり表現をまとめたりして覚えていくのが効果的でしょう。

また、TOEICのSWテストを受ける場合は、Eメールのテンプレートを覚えると効果的です。Emailに返信するような形の問題であれば、テンプレートを覚えてそのまま書けば点数につながります。

ライティングに特化した問題集をやってみる

TOEIC600以上のライティング力を身につけるためには、ライティングに特化した問題集を解くのが一番ですよね。TOEIC600以上のライティングに特化した問題集をやってみるのがおススメです。

個人的には、「はじめての」シリーズを攻略して点数を確実に取ってきた方なので、このようなシリーズをそろえるのもいいかなと思います。ただ、問題集は個人の好みがあるので、見やすいものや、「すっと頭に入ってくる」ものを選んだ方がいいと思います。

日記やTwitterから習慣化すると効果的

0から英語がしゃべれるようになっている人[体験談はこちら]に秘訣を聞いたところ、コツは「日々の生活に英語を取り入れるようにした」ということでした。

「よし!がんばって勉強だ!」というよりも、自然と続けていたことが決め手になったそうです。「TOEIC対策だ!」となると受験勉強のように意気込んでしまって、点数の数字で一喜一憂しがちですよね。でも本当に大切なのは、日々学び続ける、そして「言語学習を楽しむこと」ではないかと思います。私のTwitterでも情報発信していますので参考にしてみてください。

まとめ

TOEIC600以上の読み書き、いかがですか?中学の英語文法、そして高校英文法もコツコツ理解していけば、頑張れば必ずできると思っています。ただ漠然と「TOEIC600以上の読み書きができるようになればなあ」と思っているよりも、確実に対策を取っていくことが大切です。

挫折しそうな時、「本当にできるようになるのだろうか?」と思った時は、あなたが「なぜ」TOEIC600以上を取りたいと思ったのかをもう一度考えてみることがとても効果的でしょう。

自分のモチベーション管理ができるからです。また、「英語ができたらこんな世界があるのだ」ということをもう一度振り返ってみるのもいいでしょう。効率的な対策をして、是非TOEIC600以上の読み書きレベルを身につけてください!

 

参考になりましたら、応援をどうぞよろしくお願いします。

Thank you for your cooperation 😉

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク