何かが上達するためには、センスって大切だと思うんです。

料理のセンス、数字になんとなく強い、デザインのセンス…この中に語学のセンスって入るのでしょうか。

語学って考えたら、日本語という語学を身につけているから、みんな語学の力はあるような気がしますよね。

 

言いたいのは、英語ができる人は英語のセンスがあるよという事ではありません。

 

ただ、「私、センスがないから…」「語学センスなくてもできるの?」っていう質問があって、どうしてかなと考えました。

 

そしたら、英語がしゃべれるようになるために努力して、後からできなかったときに、「やっぱりこういうのはセンスだよ、私はセンスがないからさ」と言えるようにという「逃げ」だと思うのです。

社会的に全然ダメだった私でも英語ができたので、私よりも普通の社会生活をしているあなたなら必ずできます。


個人的には、センスよりも、自分が好きかどうか。それだけでいいと思います。

好きなら、もうあなたにはセンスがあります。英語が好きという時点で惹かれてる⇒できるようになる力がある。

CHECK:日常会話ができるようになると「あなたを見る周りの目が変わる」を体験できる無料セミナー

「何と単純な考え…」と自分で書いていても思いますが、TOEIC700点くらいなら、私と学習すれば絶対できるようになります。

もともと少し成功している人は大成功させることができます。

私は英語での成功のレベルは大体TOEIC700点くらいだなと思っています。その理由は、こちらの記事に書いているのですが、

↓↓↓

なぜ「TOEIC700以上の英語力がモテ、仕事、健康、お金で100%願いを叶えるのか」について私も考えてみた

「センスない」って決めない方がいいと思いますよ。

個人的な考えですが、本当は手に入れたいものなのに、拒否をしている人の気持ちが良くわかりません。

 

話はそれますが、彼女が欲しいと思っているのに、「いや、僕モテないからいいです…」とか。

仕事をしたいのに「景気が悪いから無理…」と言う人とかいますよね。本当は変わりたくないだけ。

 

好きかどうかです。ちなみに、私は理数系は好きではなかったので、あまりセンスがあるとも思えません。でも、英語はなんだか好き。そういう気持ちで続いてきました(^^)。

 

あなたの好きなことは何でしょうか?今、続いていることだと思いますよ。

CHECK:「英語が好き」だけでしゃべれるようになった例がたくさんある記事

 

ではでは

 

Thank you for your cooperation 😉

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村