日本人がフォーマルなスピーチでよく使うのが、「感謝致します」「感謝の意を表します」という表現。

 

私が通訳を勉強していた時は、もうフレーズで覚えていたんですね。

 

I would like to express/show my sincere gratitude for[感謝したいこと]

 

特に問題もありませんでした。

でも、最近「Show one’s gratitude」ということに対して考えることがあります。

 

どうしても感謝できない時、感謝という気持ちがわからない時があります。

 

1年前の私は、「どうして私ばかり…」「子どもが早く大きくなってほしい」「自分もバリバリ働きたいのに…」こんなことを思っていました。

 

ですが、こちらのツイートのアカウントから学んだことをもとに考えてみると、

感謝できる、さらに全てがうまくいくようになったと思っています。

 

感謝ができない時は、今自分が持っているものが「全てなくなったら?」と考えるとよいとのこと。

 

家、家族、食べ物、水、服、…。

 

今持っているものがあるだけで感謝できますよね。

家族、特にパートナーなどに対して不満を持っている人がいたら、相手が健康でいるだけで感謝できませんか?

 

おすすめTwitterのアカウントはこちらです(^^)。↓

英語のいい言葉をインプットできるので、最高の朝のスタート&一日の終わりにできますよ♪

 


このツイートは、「人生の終わりに、全ての「やらなかったこと」を後悔しないで」というメッセージです。

 

それでは、Have a wonderful week.