日本のオノマトペって独特らしくて、英語にするのって難しいんです。

でも、オノマトペを使うとすごくよく表現できる気がしませんか?

 

例えば、外はサクサク、中はもちもちフワフワのクロワッサンっていうのと、できたてのクロワッサンっていうのでは、イメージが違いますよね。

 

オノマトペでも英語で言うのが難しそう…っていうのを見つけました。

「ギザギザ」です。日本語では、ギザギザって名詞と形容詞どちらでも使えるそうですよ。英語だと形容詞に分けられますが(^^)。

 

ところで、カマキリの歯がギザギザとか、ギザギザの包丁とか…英語だと何て言うんでしょうね?

 

ギザギザを英語で言う時には場合によって色々あります。

のこぎりのようにギザギザ⇒Saw-toothed

先がとがっている⇒Pointy

刃は鋭い⇒Sharp

 

色々ありますが、「ギザギザ」って言われただけでイメージできる日本語って独特ですよね(^^)。

 

ではでは

Have a good weekend!

 

 

おかげさまでランキングではいつも上位です。

みなさまのおかげです、本当にどうもありがとうございます(^^)

↓↓↓

 

Thank you for your cooperation 😉

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村