中学生の時に、実は英語っぽくかっこよく発音したくても、

周りの人に「何かっこつけてるんだ」と思われたら嫌だから、本気で英語っぽく発音ができなかったのを覚えています。

Rの発音とか、巻き舌でやったりすると、周りのカタカナ英語で読んでいる人から変な目で見られそう…と思っていました。

でもやっぱり発音は大切。英語にどっぷり漬かってきて思う事です。

 

実際、RとLの発音は日本人が最も難しいと思う発音です。

Right右

Light電気(ライト)

 

RとLの発音だけで、意味が違ってきますよね。

 

さらに、RiceとLiceも意味が違ってきます。

Riceはお米、Liceはシラミです!!

 

やっぱり発音って大切だなと思います。

 

Rの発音の仕方は、舌を内側に丸めて「ゥウライト」みたいに発音します。口をすぼめるのがポイントです(^^)。

Lの発音は、日本語で「ライト」と言うのとほぼ同じなのですが、舌を上の歯の内側にあてて、はじくようにします。

 

Youtubeを見ていたら、こんなにかわいい人を見つけました。

コメントは、「かわいすぎて頭に入ってこない」っていうことでした。私もです。苦笑

 

 

英語をしゃべる人の中でも、西洋人でアジア人に偏見を持っている人がいます。

アジア人=英語があまりしゃべれない。発音がわかりにくい。みたいな感じです…( ;∀;)。

 

そういう人の前で話す時にも、発音に自信があれば、どんな時でも自信を持って英語を話すことができますよ。

 

別に、難しいフレーズでなくていいのです。

RとLの違いとか、Sheをカタカナ読みで「しー」と読まないとか…

 

Sheは、日本語の「さしすせそ」の「し」とは違いますよ。

うるさい人、子どもがいて、「しーーー!!」と口を少しすぼめて言う感じです。

 

この違いが分かったら、自信を持って大丈夫です(^^)。

音の違いがわかるのでもすごいことなんです。

 

ではでは

 

 

 

おかげさまでランキングではいつも上位です。

みなさまのおかげです、本当にどうもありがとうございます(^^)

↓↓↓

 

Thank you for your cooperation 😉

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村