海外に英語がしゃべれなくても移住する方法はあります。

「日本の社会や文化が嫌になってきて、ちょっと違うところで暮らしてみたい」っていう気持ちはありますよね。

そんな時に、現実的に考えられる方法を私の体験談からお伝えします(^^)。

ブロガーとして世界を旅行している人

私が入っているブログサークルで色々な方のブログを見ていると、インターネットでの仕事があって、世界のどこにいてもパソコンで仕事をしている人がいます。

そうなれば、英語は関係がなくなってきますよね。パソコンとネットに接続できる環境があればどこでも暮らせる状態です(^^)。

それぞれの国のビザの事はあると思いますが、「数か月一つの国に滞在して、また数か月どこかの国に住みたい…」こういうプランであれば、英語はネイティブ並みにしゃべれなくて、もある程度は生活できるでしょう。もちろん、オンラインで仕事をしている場合ですが。

とは言え、全く英語が喋れないとコミュニケーションが取れない状態なので、日常会話レベル(~TOEIC600、700)くらいの英語力があった方がいいでしょう。

海外の現地の人と結婚して海外に移住

現地の言葉が日常会話レベルでできれば、海外に住むことは可能です。

実際私はスペイン語がペラペラではありませんが、病院、スーパー、買い物、旅行程度であれば日常会話レベルのスペイン語で暮らしています。

「英語がネイティブ並みにしゃべれる」ということが海外に移住するための必須条件ではありませんね。

専門職の資格を取って海外に住んでいる人

専門職の資格は海外で有利です。

特にオーストラリアでは、看護師の資格がとても大切にされています。

医療系の資格があれば、海外に移住する基盤はできているということです。

「英語が喋れなくても海外に移住できるのか」というトピックだったので、この場合は英語が必要になってきますが…。

なので、資格+英語の場合は、英語のスキルが大切ということになりますね。

日本語教師として海外に住んでいる人

英語が喋れなくても日本語教師として海外に移住できます。ただ、やはりビザの問題がありますね…。

英語のスキルよりも就労ビザがあるかどうかが重視されるので。

日本語教師だけに限って言えば、英語で日本語の文法や表現を説明できる人ってそんなに多くはないと思います。

自分の母国語とは言えど、説明するのは難しいですからね。

日本の企業から転勤という形で海外に住んでいる人

私がオーストラリアで知り合った友人は、日本の会社で勤めていて、英語が喋れなかったにもかかわらず海外転勤を命じられたそうです。

海外に移住をしたい場合は、「いずれは海外転勤の可能性がある会社」に就職するのもいいかもしれませんね。

海外赴任を希望したからといって必ず行けるというわけではなさそうですが…

↓↓↓

誰にも言わないでおこうと思ったんだけど、「英語de福祉の仕事計画」が好き

 

よい人生を送るために「海外語学学校で伸びない…あと半年。どうしよう」を今スグ解決する方法

家族の付き添い

仕事の関係で海外に移住をすることになった人の家族として、海外に移住するパターンです。

私の周りの日本人カップルはほぼこれですね。英語が喋れなくても海外に移住することはできます。

夫の海外赴任に付き添って来た人達のコミュニティもあるようですし、日本人ママ友グループのチャットも盛んです。

逆に、全く英語や現地の言葉を使わないで暮らそうと決めたら、できちゃうくらい、選ぶもので生活が変わってきます。

まとめ

結論は、英語が喋れなくても海外に移住することはできます。英語が一番のネックではないケースもあります。

ただ、「英語ができない、現地の言葉がわからない…」と内向的になっていると海外に移住したら困る場面も多くあると思います。

 

英語をやってみることで、そういうマインドブロックが外れます。

やっぱり海外に移住するなら、なおさら英語学習から得る視点が必要になってくるのでは…と思います。

自分なりのキャリアプラン+日常会話レベルの英語力が解決策です(^^)。

 

ちなみに、依存ばかりすると、相手にとっては重い存在になりますので、注意。

↓↓↓

「夫が早く帰ってこないかな」を今スグ解決!かおり式成功思考5つの方法とは

 

 

おかげさまでランキングではいつも上位です。

みなさまのおかげです、本当にどうもありがとうございます(^^)

↓↓↓

 

Thank you for your cooperation 😉

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村