英語を独学で勉強したい。でもそもそも、「英会話」ができるようになるんだったら、

ノートに書く必要ってあんまりないんじゃ…?と思いませんか。

 

色々新しく勉強したこととか、覚えておきたいことをノートに書いておいても、

後から見直したら何がどこにあるのかわからなくなってくる。

 

さらには、後から書き足したくてもページが足りなくなってきて、

違うところに書いて「あれ、どこだったっけ?」

と、探しているうちにノートが汚くなってきます。

 

せっかく可愛いノートを買って、「よしっ頑張るぞ」と思っても、

完璧主義で真面目な人だとなおさら、「全部きれいに整ってないとなんか嫌だ」という感じがすると思います。

 

今日は、独学英語でたった3つのルールを守るだけでノートの使い方がラクになる方法をお伝えします(^^)

 

左にコピーを張り付ける

大きめのサイズのノートを用意します。全くの白紙、方眼紙っぽいやつもありますが、普通の線のノートがいいと思います。

 

個人的には、小さいノートが好きなんですけど、

問題集やテキストをコピーして貼り付けて使うには、大きめの方が使いやすいでしょう。

A4以上の大きさがいいです。

 

あまりにも大きいノートは持ち運びが大変と思われがちなのですが、コピーを貼り付けて使う用は、

自宅で学習する用としたら効率的です。

 

教科書や問題集の英語の部分をコピーして貼り付けます。

 

もし、コピーをするのが面倒という時は、

一行くらい開けて、自分で英文を書いていって、その下にポイントや、日本語訳を書き込んだりしてもいいでしょう。

 

基本、左に英語の文章、右に問題の解説とか覚えた単語や表現を記入すると見やすいです。

 

こういう真面目系のもいいですけど、

↓↓↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ツバメノート/A4ノート 特A10 A罫8mm 100枚 5冊/A5005
価格:3663円(税込、送料無料) (2018/9/6時点)

 

 

 

リングノートも使いやすいと思います(^^)

↓↓↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

リングノートA4 白 23829-JP
価格:145円(税込、送料別) (2018/9/12時点)

 

 

個人的には、一ページが気に入らなかった時は破って捨てることもあるので、

リングノートを愛用しています(^^)

 

 

色のペンを使い分ける

 

 

 

個人的には、この消せるペン、愛用しています(^^)

書き込みんでも後から消したい…やっぱり書き直したいって言う時もあるので

罪悪感がなくどんどん書けるので気に入っています。

 

どうしても覚えたいのを色で書いて、覚え終わったら消してもいいですし。

残念ながらこういう文房具系は日本が最高レベルだと思います。日本に帰国した時にはまとめ買いしています(^^)

 

 

用途毎にノートを作る

 

ノートの使い方の一番のポイントはこれかと思います。

 

英語を勉強する時は、さらにノートを使い分けることです。

 

独学で英語ノートを上手に活用している人を見ると、

用途毎でノートを使い分けています。

 

例えば、長文、単語、表現などで使い分けすることができます。

長文は、意味のつながりなどを書き込むために、先ほど紹介した、左にコピーを貼り付けるという方法。

単語用のノートは、単語+単語をどのように実際に文章で使うかを書くと覚えやすいです(^^)

 

例えば、

「そういえば」って英語で何て言うんだろうと思った場合、

 

そういえば= Which reminds me… +例文

Come to think of it… +例文

By the way…(話題を変える時にも使う)

 

こんな風に、自分でも例文を書いたりして覚えていくことができます(^^)

 

自分で書いたら、どんな風に使うか整理できますし、後で見てもわかりやすです。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか。英会話ってそもそも「会話」だから、ノートなんてあまり必要ないんじゃないか

と思いがちですが、ノートの使い方を工夫することで、英会話の独学がはかどりますよ(^^)

参考にしてみてくださいね。

 

PS

写真は、マドリードの古いバルです。

 

1866年からあるみたいで、キレイだと思ったのでパチリ。

 

ではでは

 

 

Thank you for your cooperation 😉

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村