音声はこちらです↓

Have toの使い方

Have toは義務や必要なことを意味します。文法の使い方は、主語+Have to+動詞の原形です。

そしてHave toには、「仕方なく~しなければならない」という意味があります。

 

この「仕方なく」がポイントです(^^)。

 

I have to

You have to

She has to

We have to

You have to

They have to

 

三人称単数(He/She/It)の時は、Has toになります。

 

Have to とMustの違いは、Have toが周囲の状況によって仕方なく~しなければいけなくなってしまった。

というニュアンスがあります。

 

Haveの過去形は、Hadになります。過去に「仕方なく~しなければならなかった」という意味を表すことができます。

 

They were working on the road so I had to go the long way around.

道路を工事していたので、回り道をしなければなりませんでした。

I had to stay up all night last night because my daughter didn’t want to sleep.

昨夜は仕方なく起きていなければなりませんでした。私の娘は寝たくなかったからです。

 

文法入門第1回~ここまでで、かなり表現できる幅が広がりましたね(^^)。

 

Mustの使い方

Mustは、「自発的に~しなければならない状態」のことを表します。

周りの人はそうは思わなくても、自分が「~しなければならない」と思う時です。

Must+動詞の原形です。

 

主語と一緒に言うと、

I must

You must

She must

We must

You must

They must

となります。

 

I must get my hair cut done this weekend.

今週末髪を切らなくちゃ

I must go home now and study. I have an exam tomorrow.

家に帰って勉強しなきゃ。明日試験があるから。

 

推量のMust

Mustには「~にちがいない」という推量の意味もあります。

 

My father must be working late at the office.

私の父は残業しているに違いありません。

She must be over 30.

彼女は30歳を超えているに違いない。

 

Mustを推量の意味で使う時には、「Must be… 」と使うと覚えた方がよいでしょう。

現状の推量の時には、Must be+Ing(または動名詞)の形になります。

参考記事:本当は英語助動詞のMUSTなんて覚えない方がよかったんです。なぜって…

 

お疲れ様でした。第6回目に続きます。

 

おかげさまでランキングではいつも上位です。みなさまのおかげです、本当にどうもありがとうございます(^^)

↓↓↓

Thank you for your cooperation 😉

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村