音声

Shallの使い方

提案のShall

Shallを疑問文で使うと提案の意味になります。

文型は、Shall I/we+動詞の原形です。

 

Shall we have a cup of coffee?

コーヒーを飲みませんか?

Shall we go home?

家に帰りましょうか?

Shall we have a lesson on Monday?

レッスンは月曜日にしましょうか?

 

【答え方】

Yes

Why not? (Yesと同じ意味)

OK

No, thank you.

Sure, of course!(家に帰りましょうか?と言われて、Of course!と言う人はいないと思いますが、その場合はOK程度で大丈夫です)

 

するべきのShall

Shallの過去形、Shouldは過去形ですが、「~したほうがいいですよ」「するべきです」という意味で使います。

文法は、主語+Should+動詞の原形です。

 

You should get someone else to do some of the work for you.

誰かに仕事をやってもらったほうがいいんじゃない?

My trip to Hong Kong was great!You should visit!

香港は最高だったよ!行った方がいいよ。

 

否定形は、主語+Shouldn’t+動詞の原形です。

友人や親しい間柄の場合は、「Should」が一番よく使われますが、初対面やあまり知らない人に対しては

Shouldは使いません。

You might want to…くらいの強さがいいと思います。

 

You shouldn’t eat too much junk food.

ジャンクフードは食べすぎない方がいいですよ。

You shouldn’t watch TV too much.

テレビを見すぎない方がいいですよ。

 

Mayの使い方

MayとMightの使い方

Mayの過去形はMightです。Mightの方がより可能性が低いことを表しています。

過去形ですが、現在形の意味になります。

 

I might need to leave now because I’m going to pick her up at 4pm.

もう行かなきゃいけないかも。娘を4時に迎えにいくから。

※Pick A up Aを迎えに行く

I might want to visit the Prado museum before we leave Madrid.

マドリードを去る前に、プラド美術館に行っておきたいかも。

※オーストラリアでは、Might want toを日常的に使っているネイティブが多かったです。

 

お疲れ様でした。第7回目に続きます。

 

おかげさまでランキングではいつも上位です。みなさまのおかげです、本当にどうもありがとうございます(^^)

↓↓↓

Thank you for your cooperation 😉

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村