リエゾン(Liaison)は、「音と音の繋がりで、違う音に聞こえる」という意味です。

 

でも、「母音+子音の組み合わせが…」と始まると、

「母音ってなんだっけ?子音って…?」

「もう考えるのが面倒くさい…でも実際に聞こえてきたらわからない…」ってなりませんか。

 

でも大丈夫です。簡単な分け方↓↓↓

 

母音=アイウエオ

子音=それ以外

 

です。

 

母音は、日本語で書いたら「アイウエオ」の音になりますけど、それをアルファベットにするだけ。

 

aiueoとか、aeiouとか、順番は変わったりします。

でも、基本的に母音は、「アイウエオ」です。

 

そして、子音はそれ以外。

 

それ以外ということは、アルファベットは26文字あるので、そこから「アイウエオ」を引いたら、21字。

21字のリエゾンの組み合わせを覚えるなんて…無理…( ;∀;)。

 

に思えます。

 

でも、今回は母音から、何となく感覚をつかんでいきたいと思います(^^)。

 

I have no idea.全く分かりません。

このフレーズの、「No idea」これは、O +I=「ノゥアイディア」と聞こえます。

なぜか、Noの発音が、「ノウ」と聞こえます。

 

母音+母音のリエゾンでは、違う音が生まれることがあるんです。

 

Go awayあっちへ行け

他には、「Go away」これも、母音のO+Aで、「ゴゥアウェー」に聞こえます。

カタカナ英語で、「ゴーアウェー」と言っても通じるのですが、周りの人と差をつけるためには、

少し「ゴゥ」の「w」を強く言ってみると、ネイティブっぽく聞こえます(^^)。

 

Go out外へ行く

Go outは、母音のO+Oの繋がりで、「ゴー、アウト」ではなくて「ゴーワウト」と聞こえます。

カタカナで「ゴーワウト」と読んでみてください。本当にネイティブみたいに聞こえますよ(^^)。

 

ちなみに、オーストラリア英語は、Noの発音の、「ノーーゥ」の「ゥ」をはっきりと発音します。

なので、このように聞こえます↓↓↓

 

 

PS

先週紹介したこちらの動画講座ですが、今週で一度終了にしたいと思います。

⇒動画講座を受け取る

 

「期間限定」って言っても終わりが少し早いのですが…

今新しい無料講座を作っているので、来週あたりに新しい方を紹介できると思います(^^)。

無料講座のリンクは限定公開なので、リンクだけ取っておいて後で見ることもできます(^^)。

 

ではでは

 

 

おかげさまでランキングではいつも上位です。

みなさまのおかげです、本当にどうもありがとうございます(^^)

↓↓↓

 

Thank you for your cooperation 😉

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村