このブログが、

「ノマドライフ 翻訳」

「翻訳 ノマド」の検索キーワードでヒットしているようなので、

ノマドライフで翻訳について書きたいと思います。

 

以前にもこんな記事を書いたのですが、記事を書くのが楽しいので、また書きたいと思います。

 

結論から書くと、翻訳でノマドライフは実現不可能です。

 

ノマド=定住せずに、土地から土地へと移り住んで生活する人たち。遊牧民。

 

という意味らしいのですが、日本人の感覚で、ノマドって旅行しながら自由に暮らして

好きな時間に働く人達というイメージがありませんか?

 

翻訳とノマドというのが組み合わせ的に無理です。

 

本当に私の意見は一つの意見だと思ってほしいので、

もちろんこのようなスタイルで成功されている方を

批判するものではありません。

 

ただ、翻訳業に関わったことがあるので、書けることもあります。

 

翻訳をしていて思ったのは、想像以上に神経を使う、相当体力と気力のいる仕事です。

 

どんな訳語を選ぶか。

そして、正しいコロケーションか、神経をとがらせながら翻訳している人も多いと思います。

友人に翻訳家の人がいますが、締め切り前は、音信不通になります。

さらに、彼女には、「締め切りはいついつだから、そのころを避けて連絡してもらってもいい?」という風にも言われています。

1000万円以上を稼ぐ翻訳の分野では、特許、医療、IT、化学など専門分野をひたすら勉強し、

さらに日々知識が新しくなるので、常に勉強することが必要です。

常日頃から勉強するのが好きな人に向いている職業だと思います。

 

で、私たちが抱いているノマドのイメージって

こんな感じじゃないですか?

 

参照記事:世界の果てまで行ってきました~アフリカの近くのTenerife諸島~

 

 

このような場所で、翻訳作業が可能かっていうことですよね?

 

もちろん、翻訳作業自体は可能だと思います。

でも、私の友人の翻訳者は、稼いでいるけど、時間がないか、時間はあるけど、そこまで稼いでいないかどちらかになります。

 

翻訳が悪いと言っているのではありません。

 

でも、ノマドライフを実現するのに、翻訳業と組み合わせなくても、他の方法もあると思います^^。

私のように、自分のスキルを販売したり、好きなことをして仕事をしたりもできます。

 

なので、「英語が好き=翻訳やろう」という選択肢の他にも色々あると思うんです。

 

英語が好きで、今のビジネスを成功させて、海外旅行を楽しむ時に英語を使って楽しんだり、

英語+国際恋愛

英語+国際結婚

英語+ビジネス

英語+コーチング

英語+英語育児

英語+教える

英語+レシピ

英語+。。。

などなど

 

色々な組み合わせができると思います^^。

 

自分に合った方法で、理想の未来を実現できるのが一番ですよね。

講師かおりのプロフィールとメルマガはこちら>>

管理人の講師かおりって誰?を評価してもらった>>

Twitterでも繋がりませんか?Twitterはこちら>>