デキる英文法シリーズ

デキる英文法第1回目:現在形と過去形

デキる英文法第2回目:現在進行形と過去進行形(はてブから、2日続けて100名以上来て頂きました。いつも応援をどうもありがとうございます。)

デキる英文法第3回目:Used toとWould

 

「Is she Japanese? 彼女は日本人ですか?」「Was he tired? 彼は疲れていましたか?」なんて、日常的に使わないと思うかもしれません。

ですが、さらっと自分の状態を言いたい時に使えるのが、否定形と疑問形です。

状態を表現できるので、「I am not so hungy so I’m ok with food. あまりお腹が空いてないから食べなくていいや」

「I’m not so tired. そんなに疲れてないかも」という表現もこの基本的な文法で表現できるようになります。

否定形の作り方

Be動詞の否定形

Be動詞の否定形は、主語+Be動詞+Not+その他の文法です。

Be動詞の後にNotを置くと、状態を否定することができます。

 

I am⇒I am not

You are⇒You are not

He/She/It is⇒He/She/It is not

I was⇒I was not

You were⇒You were not

He/She/It was⇒He/She/It was not

 

I’m not so hungry so I will skip lunch. そんなにお腹が空いていないから、ランチはいりません。

He was not so tired. 彼はそこまで疲れていませんでした。

We were really happy to hear that news. その知らせを聞いて私たちは嬉しかった。

※not…so そこまで~ではない。そんなに~ではない。という意味になります。

動詞の否定形

動詞の否定形の文法は、主語+do not/does not+動詞+その他です。

過去形の場合は、主語+did not+動詞+その他です。

過去形の場合は、三人称単数に関係がなく、did notを使います。

 

I don’t like coffee. 私はコーヒーが好きではありません。

I don’t exercise often but I should. 私はあまり運動をしないのですが、した方がいいですね。

She doesn’t eat sweets.彼女は甘いものを食べません。

He didn’t have breakfast this morning. 彼は朝食を食べませんでした。

 

 

疑問形の作り方

Be動詞の疑問形

文法は、Be動詞+主語+その他です。

Be動詞のところは、過去のことを聞きたければ、過去を表すBe動詞を置きます。

 

Am⇒Was

Is⇒Was

Are⇒Were

 

Were you tired?

疲れていましたか?

Was he at the office?

彼はオフィスにいましたか?

動詞の疑問形

文法は、Do/Does+主語+その他です。

動詞の疑問形は、「Do」または「Does」を主語の前に持ってきます。

テニスをするか聞きたい時は、「Do you play tennis?」

彼が音楽が好きかどうか聞きたい時は、「Does he like music?」

過去形では、三人称単数関係なく、主語の前に「Did」を持ってきます。

Did you go shopping? 買い物に行きましたか?

Did she come to the class? 彼女はクラスに来ましたか?

CHECK:英会話学校に約3年勤務している、TOEIC960の英語講師が教える無料オンラインスクール!

間違いやすい疑問形

「疑問形は簡単。だって、DoとかDoesを前に持ってくればいいんでしょ?」と思う人が大半です。

でも、実際に会話で使う時になったら、「Do he like…」「Do it include…」のように、主語が三人称単数でも、Doを前に持ってきてしまいます。

焦ってしまって、DoやDoesが考えられなくなるんですよね。

主語が三人称単数の時は、疑問形では、「Does」を最初に持ってきて質問をします。

もし、「そんなこと考えているのが面倒くさい」という場合には、疑問形ではない普通の文章でも質問することができます。

「He works here, right? 彼はここで働いているんだよね?」と言って、文章の最後のイントネーションを上げるだけで大丈夫です。これで疑問文になります。

本来は、「Does he work here, right?」と言わなければなりませんが、普通の文章で言っているネイティブもいるので、会話ではいいかもしれません。

もちろん、ペーパーテストでは、疑問形では「Do you」「Does he/she/it」のように、しっかりと動詞を前に持ってくる必要がありますが。

デキる英文法第5回目:Be going to/Willと未来進行形に続きます。

参考文献:総合英語Forest 石黒昭博監修

英文表現力を豊かにする 例会和文英訳教本 小倉弘

教え子全員がTOEIC200以上アップした講師かおりの無料動画講座はこちら>>

Thank you for your cooperation 😉

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村