参考になりそうな時は、ぽちっとして頂けると管理人のかおりが大変喜びます。

Thank you for your cooperation 😉

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

Thank you so much for coming back!

 

私たちはストレスを受けている時は、私たちの本当の力を発揮できないんです。

 

TOEICや英検などの試験会場で、ストレスを感じたり、緊張したりすることで、私たちの本当の力を発揮できないということになります。

「本当は、TOEIC700の力があったけれども、ストレスを感じていることで600点くらいだった。。。」というのは

あり得ることです。

 

さらに、毎日仕事でストレスを受けていたり、周りの人が私たちに対して評価しているコメントなども影響してきます。

 

実際、私は今になってこそ言えることなのですが、

周りから「全然できていない」「本当に知らないの?大丈夫?」などのコメントを言われると委縮してしまって、

さらにそのコメントに見合ったパフォーマンスをするようになっていました。

 

でも、本当は、もしそういうことを言われたら、

自分はできることを証明する。自分を信じることのトレーニングだと思う。

これが正しい思考法だとわかりました。

 

もし、今ストレスを受けている人がいたら、絶対に周りのコメントを疑った方がいいでしょう。

 

ところで、「ストレス」という表現は、「feel stressed」という表現だけではありません。

他にも、stress is taking a toll on my body.

 

take a toll on one’s body

体に負担をかける

 

ストレスが体に負担をかけているイメージです。

Stress is taking a toll on my body and mind.

 

心にも影響を与えている場合は、mindも加えることができますよね。

 

ストレスがパフォーマンスに与えている力って本当に強いと思います。

「できる」と思って試験や仕事に臨む時と、そうでない時は全然違いますから。

 

さらに、私たち人間は、残念ながら努力しないとネガティブに考えるようにできています。

もともと危険から回避する生活を送っていたのでそのように脳がプログラミングされているからです。

なので、もっと私たちの本当の力を発揮するために、自分自身を応援してあげる必要があります。

 

英語についても同じことが言えます。

英語ができるようになるって結構簡単だったりします。

もちろん、「英語って簡単」と書くと、嫌なイメージを受ける人もいるでしょう。

実際に、「かおりさんは、はもうしゃべれるからいいわよね」とネガティブメッセージをもらったこともあります。

でも、本当に簡単だったらやってみますか?

私と学習すると、本当にできるようになりますよ。

 

英語ができるようになる筋道と英語ができる感覚を掴めるセミナー序章公開しました。

ラインで誰でも見られます。もしいいと思った場合は、続きのセミナーも無料で見られるようにしました。

オンラインでの怪しさを拭いたい場合はこちら>>