こんにちは、かおりです(^^)。

 

このブログでは「中学生までに習ったシンプルな動詞でしゃべれるようになるシリーズ」を公開しています。

 

これまでの、シンプル動詞で日常会話をマスターするシリーズにはこんな動詞たちをご紹介してきました。

 

①人が動く(getgocome
②人が何かを動かす、変化させる(puthavetakegiveturnmakebring
③人が何かを見たり、聞いたり、感じたりする(feelthinkhear
④人が何かをやろうとする(keepstaytry
⑤人が他の人と何かをする(talktellspeakmeet

 

覚えるのは、本当にこれだけです。

 

④人が何かをやろうとする(keepstaytry)のカテゴリーの中のKEEPについて見ていきます。

 

 

文法だけで覚えたら、「keep+動詞+ing」という文法になりますね。

 

でも、実際に使うには、どういう状態をイメージしたらわかりやすいのでしょうか。

 

私は、「keep=保つ」という風に覚えたのですが、実際の意味は、「自分のところに,比較的長いあいだ保つ」という意味のようです。

そして、物に使われると、自分の所に持ち続けるという意味になるようです。

 

例えば、

You can keep it.=You can have it.

それあげるよ。

という表現。

 

「それあげるよ」を直訳したら、「I give this to you.」と言いそうですよね。

 

この場合は、「I」が主語になっていますよね。

 

でも、ちょっと視点を変えて、「You」とか「He」とか「She」とか「It」とか「They」とか、主語を自分以外のものにしてみると、どうでしょう?

主語を変えるだけで、できる表現が広がってきます。

 

You can keep it.は、直訳すると、「あなたは持ち続けられる」という意味になって、「パッと出てこないんですよね」と思われるかもしれません。

でも、主語を「あなた」に変えると想像しやすいかもしれません。

 

他にもkeepのフレーズをチェックしてみましょう。

 

keep a promise

約束を守る:この場合は、実際の「物」ではなくて、「約束」を保ち続ける=守るというイメージになりますよね。

 

She is kind of a person who cannot keep a secret.

彼女は秘密が守れないような人ですよ。:「約束」と同じように「秘密」とkeepを一緒に使うこともできます。

 

Her teacher kept her after school.

彼女の先生は放課後も彼女を引き留めて家へ帰しませんでした:人+keepになると、「引き留める」という意味なります。

 

You are keeping something from me. 

私に何か隠し事してる?:隠し事をするというイディオムは、keep something from 人という表現になります。

 

keep silence

沈黙を続ける(keep silent のほうが一般的だそう):ニュースや記事などで事件の後によく出てくる表現ですよね。

 

keep a diary 

(習慣として)日記をつける:英語で日記をつけるのは英語上達の秘訣ですよね(^^)。

 

Please keep your seat. 

席を離れないでね。:思わず「Please keep sitting down」などと言ってしまいそうですが、実は、Stay thereとかKeep one’s seatがよく使われるようです。

 

いかがでしたか?シンプルでも忘れがちな動詞だと思うので、使ってみると会話の幅が広がりますよね。