シンプル動詞で日常会話を3か月以内にマスター第6回目:中学までに習った動詞でしゃべれるようになるシリーズ(give)

 

↓前回までのあらすじ↓

シンプル動詞で日常会話を3か月以内にマスター第1回目:中学までに習った動詞でしゃべれるようになるシリーズ(get, go)

シンプル動詞で日常会話を3か月以内にマスター第2回目:中学までに習った動詞でしゃべれるようになるシリーズ(come)

シンプル動詞で日常会話を3か月以内にマスター第3回目:中学までに習った動詞でしゃべれるようになるシリーズ(put)

シンプル動詞で日常会話を3か月以内にマスター第4回目:中学までに習った動詞でしゃべれるようになるシリーズ(have)

シンプル動詞で日常会話を3か月以内にマスター第5回目:中学までに習った動詞でしゃべれるようになるシリーズ(take)

 

人が何かを動かす、変化させる動作には、puthavetakegiveturnmakebringがありました。

今日はgiveを見ていきたいと思います。

GIVE

giveと聞いてすぐに思いつく訳は「あげる」ではありませんか?

 

I give it to you.

これあげるよ。

 

直訳ではこんなフレーズが思い浮かぶかもしれませんね(^^)。

 

ですが、実際にはYou can have it.これあげるよ

と言ったりします。

 

それでは、Giveのイメージから見ていきたいと思います。

 

参照元:Weblio

 

自分の空間から「何かを出す」「渡す」というイメージなんですね。

こう考えると、単に「あげる」という意味以外にも色々ありそうです。

 

Giveの大まかな意味は、「与える 、あげる、(…に)提供する、授ける、(引き)渡す、(手)渡す、出す、施す、(…を)引き渡す、預ける」。

 

でも、詳しく見ていくと、Giveには、こんなに意味があります…↓

ちょっとスクリーンショットしてみましたが、これでもすごいですね。

参照元:スペースアルク

この下にも続いて行くんですよ。

 

これだけのものを暗記するのは難しそうなので、厳選してみていきたいと思います。

 

まずは、文型。

主語+Give+人(誰に)+物(何を)

Giveは「誰かが誰かに○○を渡す」というイメージです。

 

この文型に当てはめて考えていきましょう。

 

 

My boyfriend gave me a present for my birthday.

彼から誕生日プレゼントをもらいました。(彼が私にプレゼントを渡す)

 

Can you give me a hand?

手伝ってくれる?(相手が私に助けを渡す)

 

Can you give me a discount?

値引きしれもらえませんか?(相手が私に「値引き」というオファーを渡す)

 

 

【表現の中のGive】

Give me a break!

いい加減にして!勘弁して!

 

Don’t give it another thought.

そんなこと気にしないでください。

※give it another thought もう一度考える

 

Could you give me some advice about …?

…についてアドバイスをくれませんか?

 

I’ll give her a call.

彼女に電話してみます。

 

It’s difficult to give a speech in Japanese!

日本語でスピーチをするのは難しいなあ!