スポンサーリンク

前回までのあらすじ↓

シンプル動詞で日常会話を3か月以内にマスター第6回目:中学までに習った動詞でしゃべれるようになるシリーズ(give)

 

人が何かを動かす、変化させる動作には、puthavetakegiveturnmakebringがありました。

今日は、TURNを見ていきましょう。

TURNで、思いつく表現は何ですか?

 

一番最初に思いつくのは、道案内やカーナビなどの、「Turn right」「Turn left」などではありませんか?

 

「右に曲がる」「左に曲がる」という意味になりますよね。

 

TURNの意味は、回転させる、ぐるぐる回す、回す、ひねる、(…を)回す、栓をひねって出す、つける、栓をひねって止める、消す、体を回転させて行なう。

 

「方向転換」のイメージで覚えると分かりやすいですよね(^^)

 

That car made a turn to the left.

その車は左に曲がりました。

※車が左に方向転換をするイメージ。

 

He turned  over the pancakes.

彼はホットケーキをひっくり返しました。

※ホットケーキをくるっとひっくり返して方向を変えるイメージ。

 

Teddy bear, teddy bear turn around…

(子どもの歌で)テディーベアが回る動作の曲

※テディベアがくるくる回っているイメージ。

自分に背中を向けている人に向かって、こちらを向いて欲しい時には、「Turn around」と言ったりします。

 

Turn on the heat!

暖房をつけて!

※暖房のスイッチをつける、回す情景を思い浮かべると覚えやすいですね。

 

Turn on/off the light.

電気をつけて/消して

※電気をつける、消すは動作⇒スイッチのノブの方向を変えるところがイメージできますね。

 

また、TURNには、「色の変化」の意味もあります。

 

季節の変わり目といいたい時には、Turn of the season(紅葉の意味も)が使えます。

 

「誕生日を迎えて〇歳になる」という表現も、I just turned 20(歳).

と表すことができますよ。

 

「ちょうど〇歳になった」と言いたい時は、「Just」をつけるといいですね♪

来月誕生日の時は、I’m going to be 20 next month.と言ってみましょう(^^)。

 

 

スポンサーリンク