英語と日本語って聞いたときになんだか聞こえ方が違う気がしませんか?

例えば、私の音声だとこんな感じになります。

日本語↓↓↓

 

英語でしゃべるとこんな感じに聞こえます↓↓↓

 

自分でもしゃべっていて思ったんですけど、聞いた感じ、声の響きが違いませんか?別に意識をして日本の電話口のお母さんみたいに、声を高くしてしゃべっているわけではないのですが、日本語で話すと少し声が高く聞こえます…

逆に英語だと、お腹から声を出しているというか、声の響き自体違うと思うんですよね。っていうことを薄々感じていたのですが、この録音ソフトの映像をみて、やっぱり…と思いました。

 

日本語の声の響き↓↓↓

 

英語の声の響き↓↓↓

 

声が大きいとかに関係なくて、「こりゃもう声の響きのレベルで違うんだな…」と思って…英語人っぽくしゃべるには、声の響きを攻略すればいいんですね(^^)

 

英語ネイティブみたいにしゃべるためには、声の響きを攻略してみましょう。

まず、声をネイティブのように響かせるためには、たくさんの息を吐きだすことが必要になってきます(^^)

 

 

英語をしゃべるときには、日本語の4~5倍の息の量が必要とも言われています(^^)。でもそんなに息をたくさん吐いていたら、頭がくらくらしてしまいそうですよね。それなのに、英語ネイティブたちは、ずっとペラペラペラペラしゃべっている。

複式呼吸をして、お腹から息を出して、その息に声を乗せるような感じでしゃべるのがコツです。って、今、私は文章で書いているんですけど、実際はやっぱりレッスンで指導しないとわからないと思い始めました。近いうちにレッスン動画を作ろうかと考えています(^^)

ですが、ここでお伝えできるのは、まず息の量+声の響きをマスターすると、ネイティブのような英語の喋り方が手に入るということです。

 

声の響きのポイントは、喉仏を下げるように声を出します。日本語をしゃべっている時に比べて、英語をしゃべっている時は、喉仏が下がっている状態です。

 

分かりやすいサイトがあったので、紹介させていただきます(^^)(ドクターDイングリッシュ)。ですが、実際にネイティブの声の響きをマスターするには、やはり直接指導してもらったり、聞いてもらったりするのがいいと思います。

 

ではでは

 

 

おかげさまでランキングではいつも上位です。

みなさまのおかげです、本当にどうもありがとうございます(^^)

↓↓↓

 

Thank you for your cooperation 😉

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村