行き当たりばったりは英語で、

 play it by ear 

と言います。

 

行き当たりばったりの旅は楽しいものでもありますよね。

私は20代に一人旅、計画を立てない旅をよくしていたのですが、特にタイに行った時の旅行は、その日に泊まりたいホテルを探して、とりあえず2泊予約して考えるというものでした。

調べて行ったレストランが閉まっていたり、道に迷っても美しいビーチにたどり着いたり…。

旅行には楽しいことがたくさんですね。英語ができると、さらに自分に自信がつくので、基本的に「わからなかったら聞けばいいや」というスタンスになります。

またそれが嬉しいんです。

 

「もとから日程が決まっている旅行なんてつまらない!」という時には、

I’d rather play it by ear than set my itinerary.

と言うことができますね。

 

Set one’s iteneraryは、日程を決めるという意味になります。

 

また、「日程を決めていない、冒険」という意味では、

adventureが使えます。

 

Do you like adventurous journeys?

I like an adventure.

What type of adventure do you like the most?

 

こんな例文が考えられるでしょう。

 

なぜ、Adventurousな旅が好きなのかと言えば、

The best part about such journey is the uncertainty about what might happen next and the adrenaline rush that you get because of it.

次に何が起こるかわからなくて、それでアドレナリンラッシュがでるのが最高。

という人もいますね。

 

 

これは、バンジージャンプの動画ですが、これは本当に典型的な「Adventurous」な体験ですね。汗

確かに、アドレナリンラッシュはものすごいでしょう。

 

こちらの英語ブログ(https://www.adventureinyou.com/travel-inspiration/what-the-hell-does-adventure-mean/)がReadingに良かったので、多読チャレンジにも加えてみました(^^)。