負けず嫌いの人の性格って、「自分に負けたくない」って考える人と、「他人に負けたくない」って考える人がいるみたいですけど、最終的に本当にできるようになるのは、「自分に負けたくない」って思っている人みたいですよ。

人に勝ったからって言って、別にそのレベルが最高のわけでもないし、他にもっとできる人はたくさんいると思います。でも、「あの人には絶対に負けたくない」「学校での成績はあの人には何としても負けられない」っていう時ありませんでしたか?

「あの人には勝ちたい」とか心の中で思ってたりして…でも別に後から思ったら空しいだけなんですよね。

やはり最終的には自分の問題。自分がどうなりたいか、自分の目標を決めるのが一番です。だって人それぞれなんですもの。

私が今、「あの人には何としても負けられない!スペイン語頑張るぞ!」って思ってやっていてもやはり空しいだけなんです。だって、人それぞれで目標も違うし、生活スタイルも違うのですから。

 


ですが、何としても負けられない状況の時を英語で言ってみると、I won’t lose you. あなたには負けられない。I will be the best!私が一番=負けられない!

「何としても」を直訳すると、At all costsとか、No matter whatって出てくるんですけど、繋げるとこういう表現あるのかなって思ってグーグルで探したけどありませんでした。

なので、負けられないは英語でI won’t lose you. とかI have to prepare it before he doesという言い方になるのだと思います。

 

 

ところで、「そんなに勝ち負けって大切かしら」と思って、実際の有名人はどう思っているかを見てみました。

 

FCバルセロナで有名なメッシーは、

“There are more important things in life than winning or losing a game.”

ゲームの勝ち負けよりも人生にはもっと大切なことがある。

 

と言っています。反対に、タイガー・ウッズは

“Winning solves everything.”

勝利は全てを解決する。

参照元:The greatest quotes about winning

 

と言っています…勝利は相手に勝利するのか、自分に勝つことなのかどちらのことなんでしょうか。奥が深いですね…

 

ではでは

 

おかげさまでランキングではいつも上位です。

みなさまのおかげです、本当にどうもありがとうございます(^^)

↓↓↓

 

 

Thank you for your cooperation 😉

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村