スポンサーリンク

  • かおりかおり

    TOEICで200点以上アップさせるためのリーディングやリスニング試験対策は時間で管理できるかもしれません、でも「スピーキングでTOEIC200点以上のレベルアップって同じくらいの時間でできるのかな?」と思ったのでまとめてみました。

TOEIC200以上アップするのに必要な時間は?

TOEIC100点アップに必要な時間は、200~300時間と言われています。TOEIC200点アップだと、400~600時間が必要ということになりますよね。

これは、リーディングやリスニングのように、単純に攻略をした時の数字だと思います。でも、「スピーキングでTOEIC200点アップってこんなに単純計算でいいのかな?」と思いました。

英検とTOEICスコアの目安

英検4級 TOEIC400以上
英検3級 TOEIC500以上
英検準2級 TOEIC600以上
英検2級 TOEIC700以上
英検準1級 TOEIC800以上
英検1級 TOEIC900以上

 

大体の目安ですが、英検とTOEICの換算表はこのようになります。

 

英検4級:簡単な単語や表現を理解できる。身近なトピックを題材とした読解問題が解ける。

英検3級:自分の身の回りのことや、日常会話の表現が理解できる。

英検準2級:ビジネスシーンでも最低限必要とされているレベル。高校中級レベル。

英検2級:高校卒業程度の文法レベル。

英検準1級:社会生活、ディスカッションで困ることがないレベル。大学中級。

英検1級:大学卒業程度。論文、新聞、社会問題のディスカッションができるレベル。

TOEIC200以上アップとはどういうこと?

TOEICスコアで200以上をアップしようと思ったら、現在の点数がTOEIC350点の場合は550点、TOEIC400点の場合は600点以上を目指すことになります。レベルとしては「簡単な単語や表現を理解できるレベル」から、「ビジネスシーンでも最低限必要とされているレベル」にアップするということになります。

TOEIC200以上「スピーキング力をアップさせる」とはどういうこと?

TOEIC200点アップすることを考えると、400~600時間が必要ということになります。スピーキングでTOEIC200点以上アップさせたければ、スピーキングを1日1時間勉強しても約1年かかることになりますよね。もちろん、個人差はあるので、数字は参考にしてください。

「そんなことやってられないよ」と思うかもしれませんが、結構本当かもしれません。1年間海外留学して帰ってきた人が、TOEIC400点からTOEIC600点になっていることはあり得ますよね。TOEIC500点だった人が700点、800点になっていることもあります。1年間ではなくて、半年でもTOEIC200以上アップしていることは可能でしょう。

実際私は英検2級を取っても何もしゃべれませんでした。その後、1年くらい英会話学校に通って、ようやく「自分の身の周りのことや、日常会話の表現が言えるようになってきたかな」というレベルになりました。大体「何となくできるようになってきたかな」と思うまでに1年くらいかかりました。1年英会話学校に通っていても、1年間毎日英語をしゃべっているわけではありません。1レッスン1時間としても、一か月4時間ということになります。4×1年=48時間、チャットの練習を含めると1年でのスピーキング時間は、約50時間です。大体TOEIC100点アップに必要な時間の半分以下ということになります。「少し効果が実感できた」というのも、今になったらわかる気がします。

では、確実にスピーキング力をアップさせたいんだけど、「毎日1時間も勉強が無理」「海外に行かずに自分で練習したい」という人もいるかもしれません。そんな時に効果的なのが、音読トレーニングです。

期間を設定する

TOEIC200点アップするためにかかる時間が、400~600時間なので、目安を設定していきます。この時間を考えると、1か月や2か月でペラペラになるのがどんなに難しいことか分かってきますよね。毎日2時間英語をしゃべっても、200日=約6~7か月かかることになります。リーディングやリスニング対策で毎日2~3時間勉強するのはできるかもしれませんが、スピーキングで2時間の勉強時間を確保するのは簡単ではありませんよね。

まずはこのギャップを数字として把握するのが大切になってきます。広告のキャッチフレーズばかりに影響されていると、「英語って半年くらいでペラペラになるのかな」と思いがちです。確かに、毎日2~3時間しゃべる環境であれば、半年くらいでしゃべれるようになるかもしれませんが、英語学習が上達するためには、「もっと時間がかかるんだ」と納得するのも挫折防止にいいかもしれません。

「スピーキング力でTOEIC200点以上をアップさせたい!」と思った場合、無理なく進めるためには、目標達成までに1年を設定することをおすすめします。1年であれば、毎日1時間音読トレーニングをやって、アウトプットの機会を作っていけば、確実に目標達成できるでしょう。

月ごとの目標を設定する

スピーキング力でTOEIC200点以上アップさせるための、月ごとの目標を設定していきます。「1年後にTOEIC200点以上アップだ!」「英語が話せるようになるぞ!」と思っても、なかなかしゃべれるようにはなりませんよね。でも、1か月ごと、3か月ごと、半年ごとのカリキュラムを設定していけば、目標に確実に近づくことができます。

毎月、使えるようになりたい文法やフレーズを書く、音読トレーニングの進み具合を記録することが効果的でしょう。

週ごとの目標を設定する

週ごとの目標を設定することはとても効果的な学習方法です。レッスンで「なんだか話せるようになっている気がしないなあ」と思ったことはありませんか?「過去形を習っていたのになんだか言えるようになっている気がしない」そんな時はやりたくなくなってきますよね。そういう場合は、週ごとの目標を月ごとの目標に変えてみるのもいいかもしれません。

「今月は過去形を使えるようにする!」という目標を立てると、英語を学習する過程でできるようになればいいんだと思えるので、気持ち的にもリラックスして取り組むことができますよね。

1日ごとの目標を設定する

スケジュールを管理したい人であれば、1日ごとの目標設定は英語学習の励みになります。ただ、リーディングやリスニングと違って、スピーキングで1日の目標を設定するのはまた違う視点が必要かもしれません。

なぜかというと、1日であなたが覚えたい表現を体にしみこませるってなかなか簡単ではないと思います。その日には「わかった!」と思っていても、次の日には忘れていたりしますよね。

スピーキングの1日ごとの目標設定は、音読トレーニングができたかどうかで設定するのがいいでしょう。その方が、「実際に英語を声に出してしゃべった」時間を測ることができるので、確実に上達が目に見えることになります。

まとめ

レベルアップが目に見えてわかりにくいスピーキング。なのに実はスピーキングができるようになりたい人も多いはずです。リーディングやリスニングだけではなくて、スピーキングレベルも同時に引き上げていきたいですよね。

Thank you for your cooperation 😉

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク