Tの音がリダクションすると、どうなるのかをサクッとおさらい↓↓↓

もっとある!英語のリダクションを簡単にマスターするために知っておくべきたった4つの音とは

 

綴りがTNになった場合には、口の中にもごもごするような発音になります。

例えば、カタカナだと、「マンハッタン」とか、「コットン」と言いますが、これを英語で言うと、

「マンハッン」「コッン」というように聞こえます。

 

この「飲み込んだような音」が言えるようになると、ネイティブっぽさが100倍になります。

ちょっとやってみましょう。

 

I went to the mountain in Manhattan. マンハッタンの山に行ったよ。

(マンハッタンの山に行くわけないんですけど、練習のためにこんな例を用意してみました。汗

実際に話す時は、I visited the US over summer holiday and I went to Manhattan.こんな感じになると思います。)

 

I’m looking for a shirt made with cotton.コットン製のシャツを探しています。

もごもごと飲み込むような音になりますね(^^)。

 

このくらい、音を「飲み込んで」しまっても大丈夫です(^^)。

 

 

PS

ところで、私が住んでいたオーストラリアでは、「もごもご」発音することで知られています。

好かれているとは思えませんが…

 

それで「なんでこんなに、国でもごもご言うんだろうね?」と思ったら、

ジョークで、「ハエが口に入ってこないように」って言われました。

 

アッハッハ。いや、これは私が言ったのではありませんよ。

オーストラリアの現地の人が言っていたのですよ。

いい言い方をすれば、「それだけ自然がいっぱい」ということだと思います。苦笑

 

 

おかげさまでランキングではいつも上位です。

みなさまのおかげです、本当にどうもありがとうございます(^^)

↓↓↓

 

Thank you for your cooperation 😉

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村