スポンサーリンク

懐かしいものが出てきました。

私が大手英会話教室で勤めていた証拠品にもなります(^^)。

いつもショートカットにしてました。もう5年以上前の話なんて、時間がたつのは早いものです。「Time flies」ですね。

 

正直、この時に教えていた資格対策クラスの人は今でも覚えていますが、「先生がなんとかしてくれるだろう」タイプの人達でした。

こういう人は伸びません。残念ながらこういう人は多いと思います。

「自分はサービスにお金を払っているのだから、あんたがなんとかしてくれるんでしょ?」というタイプ。

 

1週間に1回50分のレッスンに「通っているだけ」ではやはり伸びませんよね。

ですが、それに期待している生徒さんたち…そして本音を言えない私…という過去の記憶がよみがえってくるようです。

 

というわけで、私はこの経験もあって、私のことを信じてくださっている私のアカデミーの生徒さんには真実を伝えていこうと決めました。

 

1週間に1回50分のレッスンをダラダラやるだけでは伸びません。

そしていくら「英会話」の時間を長くしても伸びないんですね。

 

講師と長くしゃべってればいいってことじゃないんですよね。

自分でインプットして、学習して音読や多読してください。

 

私は、英語ができるようになる環境を用意できますが、生徒の努力なしに私が「どうにかする」のではありません。

 

このような発言をすると、おそらく会社では「上司からの説教+いじめ」だったでしょうが、でも本当のことなので、今はっきり言う事ができてすっきりしています。

 

インプットが大切という話は動画レッスンでお伝えしているのですが、それ以上に、英語ができるようになるフレームワークを理解してもらうことが大切です。

 

英語ができるようになる環境が気になる方は、こちらから無料動画を視聴してみてくださいね(^^)。

 

 

 

 

スポンサーリンク