Very, Much

Thank you very much.というシンプルなフレーズの中にも副詞が含まれています(^^)。

VeryとMuchは副詞です。

Veryは形容詞と副詞を修飾しますが、Muchは動詞を修飾します。

 

This meeting is very important.

この会議はとても大切です。

I didn’t talk much.

あまり話しませんでした。

 

So, Too

形容詞や副詞の前において、感情や意味を強めることができます。

形容詞で感情を表現する時には、形容詞の前にSoを置いて意味を強めることができます。

その場合は、主語(I/You/He/We/They/It)+So/Too+形容詞の順番になります。

 

I’m so happy to see you!

会えてすごく嬉しい!

It’s so nice to meet you!

初めまして。会えて嬉しかったです。

 

Tooは、「~すぎる」という意味があります。

It’s too cold today.

今日は寒すぎますね。

It’s still too hot to drink.

(飲み物などが)まだ熱すぎて飲めません。

 

程度や頻度を表す副詞

Completely絶対、Almostほとんど、Somewhatいくぶんなどの表現は、副詞になります。

基本的には形容詞や動詞の前に置きます。

 

Always いつも

Usually 大抵

Frequently しばしば

Often 度々

Sometimes 時々

Hardly ever めったに~しない

Never 決して~しない

Absolutely 絶対に

Almost ほとんど

Nearly ほとんど

Rather 非常に

Somewhat いくぶん

 

I sometimes come this cafe to study Japanese.

日本語の勉強をするために時々このカフェに来ます。

I hardly ever eat Spanish food.

めったにスペイン料理は食べません。

 

お疲れさまでした(^^)。第16回受動態の作り方とニュアンスに続きます。

おかげさまでランキングではいつも上位です。みなさまのおかげです、本当にどうもありがとうございます(^^)

↓↓↓

Thank you for your cooperation 😉

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村