一体何のブログかわからなくなってきていますが、一応、英語ブログです。

スペインから一時帰国中で北海道にいるため、北海道ネタが中心になっています。

いつもはこんな英語学習についての記事を書いています。

 

先日、阿寒のIn the middle of nowhereに行ってきました(一応英語ブログなので英語を入れてみました)。

In the middle of nowhere=人里離れたところ、周りに何もないところ、ド田舎

 

子供連れにはうれしい、温泉付きの部屋です。

温泉って、やっぱり小さい子っていませんよね?

 

小さくて入れても、小学生くらいなんでしょうか?

まだ娘たちは温泉には入れていないのですが。。。

部屋についていた温泉には、興味を持っていました。

 

Twitterにはアップしたのですが、

こんなところに泊まりました。

 

とにかく料理がすごい。

久しぶりに日本料理を食べると、「これって何?よくわからないけど、とにかくおいしい」みたいのがあります。

 

長いメニュー

 

夫が「この緑のがデザート?」と言っていました。

食事中に、横の川辺が見えるようになっていますが、たまたま

鹿の親子がいました。

鹿の住処に私たちがお邪魔している感じかもしれません。

このような、ジュレって本当に驚かされるのですが、ゼリーだと思って食べたら、「あら、冷たいコンソメ」みたいな驚きが。

美味しいという普通のことしか言えないんですけどね。

 

スタッフの方が一つずつ食べ方を教えてくださったのですが、忘れました。

「こちらはウニでございます」と見た目わかるけど、親切に説明してくれていたのが印象的でした。

 

日本のワインも試してみようということで、利き酒も頼んでみました。

北海道産のワイン二種。

 

思わず二人で「こりゃジュースみたいだね」と言ってしまいました。

スペイン人夫は、鮭のおつまみのことを「チョリソかな?」と言っていました。

 

どんどん食べられそうな肉。

小麦粉よりもエビが多い。。。

その合間に鍋がぐつぐつしています。

3歳の娘は、残念ながら、おいしさがまだわからないのか、うどんだけ食べていました。

私は、「豆腐も食べた方がいいよ」と教えてあげました。

 

スペイン人の夫は、「このカレー、普通じゃない」と言っていました。笑

 

 

上品で忘れられない味です。夕張メロンなんたかっていうやつだったと思います。

 

大浴場、貸し切り風呂もあって、子供二人を夫に預けてゆっくり行ってきました。

貸し切り風呂は、鍵をかけると、ランプがついて、外からわかるタイプです。

 

露天風呂では、少し雨のにおいと、緑とヒノキのにおいが混ざって、森の神様に感謝としか言えない状態でした。

カツゲン、アイスクリームは食べ放題です。

 

朝食は、洋食と和食から選べます。

私は娘がパン好きのため、洋食にしました。

 

スペイン人夫は、和食にしました。

炊き込みご飯がおいしそうでした。

こちらのプレートを、「お子様用だよよかったね」と娘にあげていた私。

大人用だったらしい。恥ずかしさ極まりなし。

 

 

ということで、いい旅だったね。。。と帰ってくる車の中で、

娘が頑張っていたこちらの作品。

 

 

look!と自信まんまんで私に見せるので、何かと思ったら

「ホラー?」

笑いたいのを一生懸命我慢して、「かわいくできたね!」と言いました。

 

そんなわけで、北海道のIn the middle of nowhere旅行ゆっくりしてきました^^。

記念日などに行っても大満足だと思います→ラビスタ