今スタバで作業しています。

大きいテーブルに私一人なんですけど、周りに誰も座らない…なぜだろう…( ;∀;)。

 

「どうしても作業の時間が限られているからすごいスピードでやらざるを得ない⇒多分誰も寄せ付けない雰囲気になっている」

のだと思います。

 

ところで、リダクションは、4つの音を抑えれば大丈夫と紹介しました(^^)。

↓↓↓

もっとある!英語のリダクションを簡単にマスターするために知っておくべきたった4つの音とは

 

正直、この4つの音を押さえていたら誰よりも余裕を持って日常会話をスタートできますよ。

 

それで、今回は、実際にカタカナ読みでできる練習フレーズを用意してみました(^^)。

 

4つの音を含んだフレーズはこちらです↓↓↓

 

t が脱落

that や sort なども t が脱落しやすい語で、「ザッ」「ソー」のようにしか聞こえない場合がままあります。

Look at that!あれを見て!⇒「ルッカッザッ」と聞こえます。本当にカタカナで、「ルッカッザッ」って変じゃないって思うんですけど、その通りにカタカナで言ってみてください。汗

ネイティブはこんな感じに言っています。

 

d が脱落

good job はしばしば「グッジョブ」のように聞こえます。他にも、

and は「アン」くらいに聞こえます。話の途中でゆっくり喋るような場合でも、「And」のDは、舌と一緒に前の歯に空気を当てるような感じで息を出します。「アンド」と「ド」を強く言うのはカタカナ英語なので、Dをリダクションするだけでもネイティブ英語に近づくでしょう。

 

g が脱落

walking:しばしば「ウォーキン」/wɔ́kɪŋ/ のように聞こえます。

 

他の例をこちらで確認できます↓↓↓

もっとある!英語のリダクションを簡単にマスターするために知っておくべきたった4つの音とは

 

子どもの曲なんですけど、Walking Walkingという歌があります。(0.18~歌)

 

あの、別にバカにしているという訳ではなくて、本当にリダクションで「ウォーキン」って言っているんです。

これだけリダクションってリピートして覚えるっていうことなのかもと思います。

 

swimming も同じように、「スウィミン」のように聞こえます。I’m planning to go swimming.泳ぎに行く予定だよ。は、「アイムプラニントゥゴースゥィミン」と聞こえます(^^)。

 

h が脱落

on her way homeは、カタカナだと、「オンナーウェイホーム」と聞こえます。HerのHが弱く発音されるので、「アー」と聞こえます。

I kind of like him.彼の事なんとなく好きかも。

「アイカインドfライキム」Hがリダクションされて、Like himは、「ライキム」と聞こえます。

 

 

PS

先日、久しぶりに朝ごはんにチュロスを食べました(^^)。

朝からチュロス…と思いがちですけど、シュガーハイになって、なんでもできそうな気分になります。

 

 

コーヒーだけを頼んだら、チュロスに白い砂糖をつけながら食べます。

とりあえずカロリーは気にしない。。と…

 

 

チュロス二つは正直足りないです。

周りの人では、チュロスを5個とか6個食べてる人もいるくらいですから。

 

ではでは

 

おかげさまでランキングではいつも上位です。

みなさまのおかげです、本当にどうもありがとうございます(^^)

↓↓↓

 

Thank you for your cooperation 😉

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村