Thank you for your cooperation 😉

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

応援していただけることが毎日の励みになっています^^。

 

Masterchef Australiaと共に英語人生歩んだと言いたいくらい、大ファンです。この番組。

シーズン2の時代から見ています。

世界46か国で放送されている、超人気料理番組です。

Masterchef UK

MasterChef US

MasterChef Canada

など、それぞれの国で放送されています。

 

ルールは、アマチュアの料理好きの人たちが番組に応募して、色々なテストを受けながら優勝を争うというもの。

テストは、時間制限がある中で作るもの、食材が限られている中で作るもの、創造力を働かせるテストなど様々です。

毎週1,2名がElimination Testが行われて脱落します。最下位の場合は会場を去らなければなりません。

24名、12名と少なくなっていく中で、それぞれのストーリーが語られます。

料理に対する思い入れが個人個人で素晴らしいので、感動して涙を流しながら見ていました。

 

 

国によっては著作権で動画が見れないかもしれません。

 

約10年前から審査員(judge)は変わってないんです。

 

個人的には、英語をしゃべりたくても、どうやったらしゃべれるのかわからなかったとき(プロフィール)、このMasterchef Australiaの登場人物の表現をノートに書きとって覚えました。

Masterchef Australiaの内容を知りたかったから、字幕を付けられるような外付けの機械を買いました。当時は珍しかったらしく、周りから「勉強熱心だねえ」と言われました。

 

マスターシェフについて語りだしたら、引かれるくらい語ることができます。

シーズン2あたりは、学校から帰ったら毎日見ていたので、候補者たちの家の事情やそれぞれの夢も語れます。

 

マスターシェフについての記事も書いています^^。

 

 

 

Thank you for your cooperation 😉

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

応援していただけることが毎日の励みになっています^^。