「Linking(リンキング)とLiaison(リエゾン)は、同じ意味かな、それとも違う意味?」と一瞬思いますが、

どちらとも同じ意味で、音と音がつながって違う音に聞こえることです(^^)。

 

英語だと、このリエゾンを攻略したら、「ネイティブのような発音になる」

そして、「英語に苦戦する周りの人を横目に、自分の英語だけ圧倒的な違いがつく」ということで、

発音攻略から責めていく人も多いんですよ。

 

でも、「英語のリエゾンは無限大に存在する気がして、やる気も起きない…」というのが正直なところです。汗

 

ですが、私たちが普段使っている日本語。

いつもはあまり意識していないんですけど、日本語でもリエゾンがありますよ。

日本語では、「連音」と呼ばれているみたいです(^^)。

 

例えば、反応⇒はん+おう⇒はんのう

 

はん、おうと読まずに、はんのうとなりますね。

 

それで、なぜ日本語にもリエゾンがあるのに、英語になると「あれ、わからない」ってなるかと言うのかな?と考えました。

 

日本語なら、例えば反応⇒はん+おう

「はん」「おう」と言っても通じますよね。速く言っても、はんおうでも通じる。

だけど、英語になると、全く違う音になってしまうのです。

 

こういうちょっとした音の違いが、英語って難しい…というポイントなのかなと思いました。

今日は少しリエゾンの例をご紹介します(^^)。

 

母音+母音

Who is this?誰ですか

Who isを速く言ってみると、「フーズ」となって、さらに、「ズ」がほとんど空気を出しているくらいの音にしか聞こえません。

読んだ場合だと、「フーイズ」って書いてあるのに、聞こえ方は、「フーs」に聞こえる。こういうのが分かりにくいポイントだと思います。

 

子音+母音

My name is「マイネームイズ」ではなくて、「マイネーミズ」みたいに聞こえます。

Take out「テイクアウト」ではなくて、「テイカウト」に聞こえます(^^)。

Good afternoon「グッドアフタヌーン」ではなくて、「グダフタヌーン」に聞こえます。

 

子音+子音

Did you「ディドゥユー」ではなくて、「ディジュー」になる。

Would you 上と同じく、「ウジュー」と聞こえます。

Keep you「キープユー」ではなくて、「キーピュー」に聞こえます。

 

「こういうのがたくさん存在するのはわかったよ…でも一体どうやって練習したらいいの?」という方のために、

私は今、がんばってオンライン無料講座の続編を作っています(^^)。

 

気になれば登録してくださいね(^^)

 

ではでは

 

おかげさまでランキングではいつも上位です。

みなさまのおかげです、本当にどうもありがとうございます(^^)

↓↓↓

 

Thank you for your cooperation 😉

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村