私はJapan English Academyを運営するにあたって、経営について勉強しました。やっぱり自分がいくら「良いレッスンしてますんで、来てね♪⇒リンクはこちら」なんてインターネット上にリンクを置いたとことで、誰もこないんですよね。

しかも、いくら「英語をしゃべる人を増やしたい」「それが私のミッションである」と思っても、システム費がかかったり、私にも生活があるので、収入を得なければなりません。

ボランティアでやっているわけではないので。なので、どうやったら読んでもらえるか、見てもらえるかを知ることが大切ですよね。

 

最近、「他のブログを作ろうかな」と思って出向いた某無料ブログサイト。驚愕でした。同じようなことをしているブログが7000~10,000件はありますね。

「幸せコーチ○○の○○セミナー」「やりなおし英語で○○」「誰でも簡単英語で○○」「ママカウンセリングで人生改革!コーチングの○○」「引き寄せ×断捨離で○○」「女性起業家プロジェクト♪」「キレイママで○○コミュニティ」…

すごいです…気になる方は行ってみてください。本当に時間泥棒ですよ。苦笑

 

それで、全国の外国語会話教室は10,422軒あります。先ほどのサービス系のブログと合わせると二万件以上ですね。

サービス系で集客をしたいと思った場合、大手を含める二万件がライバルです。

もう集客の基礎知識なんて当たり前と思われているかもしれませんが、よく言われる集客解決法の勘違いを書いてみることにしました。

都市伝説その①無料ブログを作れば集客は解決

先ほどの私が気がついたら2時間後に「Where has the time gone???もうこんな時間?」という状態になった某無料ブログ。同じようなことをやっている人が何万人といます。あれで集客できてるんでしょうかね。

言いたいこと言い放題の私はそのブログで、「ここって集客大丈夫?」って書いたら記事を消されましたけども。苦笑

どんなブログやサイトでもある程度有名になったら、もちろんアクセスが集まりやすいし、効果的かもしれません。

ですが、ここの無料ブログは、「ビジネスやっている人以外に普通の人は使っていないのかしら」と思うくらい、ほとんどの人がビジネスやっています。

いただく「いいね」も95%は個人でビジネスをされている人です。

 

とりあえず、「○○ブロで集客すれば儲かるみたいなマニュアルがあるのかしら?」っていうくらい、すごいです。多分そのようなマニュアルがあるんでしょうね。

でも、無料ブログで集客完了じゃないです。他にもSIRIUSでHP作ったり、サーバーを借りてWordpressでブログを書いたり…

というか、まずホームページを作っていない人、ブログを作っていない人、Twitter、Facebook、Youtubeやってない人がやるだけで収益が変わります。

都市伝説その②価格を超低価格に設定せよ

サービス系を運営していると、なぜか皆が逃げるように辞めていく…

私が格安英会話塾を開いた理由は、高い授業料を払えない人にでも英会話の十分なチャンスをと思ったからですが
いまのところ結果として野心を持つ貧しい若者たちには私の塾の存在は知られておらず…中略

貧しく野心のある若者はどうやったら集客できるんですか?
(そういうひとはオンライン英会話のほうを選択するかな?)

このようなお悩みがありました。

価格設定のシステムがうまくできるているのは、大手英会話教室です。大手英会話教室は、教材、システム、アイパッド、言語研究部など色々な対策を練ったり、有名人を使ってCMをしたりしているので、大手と争うことを考えてはいけません。

また、価格設定についても、「オンライン英会話では格安が流行っている…それでは何でもかんでも格安がいいのか?」というと違います。大手で格安サービスを提供しているところは、価格設定、人件費などをうまく設定しているので、潰れません。

ですが、個人でやっていこうとすると、こういうことが考えられます↓

サービス系の職種だと、ピアノ教室、バイオリン教室、英語教室、ヨガ教室、ヒーリングサロン、サロン経営など、お客を必要としているところはほぼ同じ状況が考えられます。

 

理想:一か月の月謝=一人約1万円。一か月に20人くらい教えたら一か月20万儲かる。あなたは考えます「辞めるとしても、おそらく一か月に1~2人だろう」

現実:お客が集まらない⇒広告費をかける⇒広告費をかけたにも関わらず、お客が来ても1人。ビラ撒きを頑張る。⇒疲れる。お客がこない。

自分のサービスが悪いのかと思う。集客はどうやらブログでできるらしいと分かる。無料ブログを始めてみるも、同じようなことをやっている人が〇千人単位でいる。

数か月続けてみる。悩む。格安にするとお客が集まるので、自分が身を粉にして働く。

 

こうなりますね。

 

例えば、ピアノをやりたい人っています?

「ピアノを弾けたら楽しいですよ。趣味にいいですよ。」これでピアノ教室に問い合わせしますか?しませんよね。

私の娘は3歳ですが、日本に帰った時に「ピアノでリトミック♪」に行かせてみました。そこのレッスン料は30分500円。先生は、有名音大を出ていて、コンクールにも優勝している人です。でも時給にすると1000円。

いくら「お金のためにやってませんから…」って言っても、スーパーのパートに数百円上乗せされたぐらいですよ。あなたがもしサービスを提供する側だったら、これで生活できませんよね。

「相手のため」と言っても、人には生活がありますからね。オンラインでも、「格安英会話が流行っているから、私も大手と同じように格安にすれば生徒が集まる」かといったら、そうかもしれません。実際、安さで比較して、くる生徒さんはいるでしょうから。

でも、現実問題、留学経験2年(500万の投資)、英検1級、TOEIC満点(教材等含め100万の投資)のキャリアがあるとしたら、25分300円で英語を教えたいですか?

もちろん、「お金のない人に英語を教えたい」という信念があるのはいいことだと思います。ですが、「お金がなくても英語を学びたい」という人でも、実は飲み会とか洋服代5万円とか、ブランドバッグを買ったりしているかもしれませんよ。

さらに言えば、例えばテニスなどのスポーツを頑張ってやってきて、人生をかけて数千万の投資をしてきたのに、「時給2000円でいいのですか」ということになります。スクール運営をするためには仕方がないと思うかもしれません。

ですが、価格競争に落ちていく前に、解決できることがあります。私はこの方法を使って自分のアカデミーを運営しています。

都市伝説その③何年も続けていれば報われる

日本人的な考えは「石の上にも3年」。私も小さい頃から教えられてきました。

嫌なピアノのレッスン。嫌な公文。何があっても嫌いでも辛いことがあっても続けていくことで何かが報われる。

違います。

別に報われもしなかったし、今は違う仕事をしていますから。

 

このように頑張り続けることが間違っているわけではありません。でも、嫌なのに、効果が出ないのにやるのは間違っていると思うのです。特に仕事に限っては、あなたはブログなどを使って人を集めてビジネスをしていきたい。運営をしていきたいわけです。効果の出ない方法をいつまでも他と同じように続けていても時間の無駄ということです。

ブログで5,000記事とか書いているのに全然収入ない…なんていうことになったら…。

想像したくもありません。

「無我夢中でやる。何年も続けていれば報われる」

違います。効果のある方法でやらなきゃ失敗です。その方法を知っていたので私は失敗せずに済みました。申し訳ないですが、某ブログだけで集客している人の何倍も経営の勉強と知識を得てきてるんで。…ということを書いたら、また批判されそうですが、別にいいです。

都市伝説その④集客はビラ配りが一番効果的

無我夢中でがんばる。寒い中外に立ってビラを一生懸命配る。こういうことが日本では美徳とされます。私も冬の雪の降る日に外でビラをまいたことがあります。結果。新規顧客0人。

会社は、やらないよりは「やったけどこなかった」というレポートにしたいんでしょうね。

なので、ビラを配ればお客が来ると思っている人がいたら、ビラの効果の反応率を知ったほうがいいと思います。1%以下です。100枚配って、1人くればいい方。

 

私が雪の日に配ったティッシュ+ビラは50個。もう一人の人は100個。結果反応率0%。0人です。これよりももっと効果的な集客方法を私は知っています。

※もし気分を害される方がいたら、批判のコメントをするのではなく右上の×ボタンか、スルーをしてください。

CHECK:教え子全員がTOEIC200以上アップした講師かおりの英語学習法を無料公開中

Thank you for your cooperation 😉

ブログランキング・にほんブログ村へ