就活の英語のレベルについては、大体多くの人が「TOEIC700点を持っていると有利」と考えているようです。

 

実際は、TOEIC700点を持っている人は多いんですよね。

みんな同じことを考えているから当然ですよね。

 

でも、就活の英語レベルって、実際どうやってビジネスに役立っていくのでしょうか?

 

そして、TOEIC700点で英語がしゃべれる人ってどのくらいいるのでしょうかね。

 

英会話学校で100人以上の生徒さんを教えてきた感覚なのですが、大体過去形、現在形、未来形が話せて、さらに現在完了形(I have been to)くらいが話せるレベルの人が多いのではないでしょうか。

大体の生徒さんは、TOEIC700点でスピーキングレベルがこのくらいでした。

 

「いや、そんなの簡単、もっとしゃべれる」という人もいるかもしれませんが、受験英語、学校英語と「英語がはなせる」って違うと思うんです。

 

なので、実際TOEIC700点を持っていますといっても、本当に日本で英語を使える人は約3割というデータもあります。

 

それでは、有名企業から内定をもらって、ゆくゆくはビジネスで海外赴任も視野に入れたい、海外移住もしてみたい、英語をビジネスで役立てたいという場合の正解ルートをお伝えします。

 

とりあえず、TOEICの点数を獲得しながら、ゆくゆくはビジネスに役立つ勉強を始めるということです。

 

簡単な答えでしたね…。

 

でも、まず先に履歴書に書く点数って大切ではありませんか?

そして内定をもらった瞬間、またTOEICで高得点を取った直後から話す方の力にエネルギーを注ぎます。

 

もちろん、TOEIC対策をしながら話す練習もできる人はそれをやればいいと思います。

 

ですが、まずはTOEIC対策、そして会話のトレーニングも同時にできるような音読トレーニング、多読トレーニングが効果的です。

 

私は過去に英語を使って仕事をしていましたが、

「ビジネスで英語を使う」というのは、確実にメールで英文を書くことが必要になってきます。

 

そのため、英語で文章を書ける、読解ができるということがまず基本。大切になってくるんですよね。

 

大体メールは定型文で表現が決まっていますから、間違った表現をしなければ大丈夫です。

 

そして、ビジネスで英語を使っていくルートとしては、毎日のメール、電話の受け答え、会議、プレゼンなどがありますよね。

企業によっては、簡単な翻訳や通訳作業を頼まれることもあるでしょう。

 

ビジネスで英語を使いたいと思っているのに、その度にひやひやしていては、ストレスばかりの毎日になってしまいます。

 

なので、今から確実に英語を生活習慣に取り入れていく必要があります。

 

基本的には、日本語のように英語も習慣化してインプットしていきます。

 

今は就活レベルの英語ですが、実際に会社に勤めたら、英語を日常的に使う環境になるのですから。

 

かっこいいですよね。

 

そして、今は「将来はビジネスで英語を使ってみたいなあ…」と夢を見ている状態かもしれませんが、実際に夢ではなくて、ゴール、目標として達成することが大切です。人生変わりますから。

なので、現段階の就活の英語レベルは日々がんばるとして、将来のために、「重要だけれども緊急ではない課題」に取り組む必要があると思います。

 

重要だけれども緊急ではない課題については、「大富豪の仕事術 マイケル・マスターソン著」で詳しく書かれていますが、もともとはスティーブン・コーヴィー博士が唱えた考え方です。

 

この課題に取り組むことで、あなたの人生の質を変える、目標を達成することができる、生活が変わるということ。

 

英語学習、そして英語力アップのためには、この領域に当てはまるのが音読トレーニング、そして英文多読だと思っています。

 

「音読トレーニングって、声に出して読むだけでしょ?」「そのくらい読めるし」と思っている人がいたら、私のKaori式音読トレーニング動画レッスン講座を視聴してみてください。

 

どれほど効果が出ているかということは視聴サイトの「生徒さんのBefore and After」で確認できるようになっています。