以前の私は、TOEIC800点取ったものの、しゃべれないというジレンマを抱えていました。

英語力が認められて企業から内定をもらったので、しゃべれないなんて言えないしと悩んでいました。

周りの友人にも「TOEIC800点なんて羨ましい、しゃべれないなんて、嫌味に聞こえるからやめたほうがいいよ」

とまで言われていました。TOEIC800点と言ったら、ビジネスレベルまでしゃべれると書籍などには記載されています。

 

ですが、実際は英語での電話の受け答えもしたことがないし、

友達との会話はまあまあできる程度、行ってしまえば私の英語は旅行英語だと思っていました。

世の中には英語の知識が五万とありました。

 

どうやったら英語がしゃべれるようになるのか、

神の声でも聞こえてきてある日から英語がしゃべれるようにならないかと願っていました。

 

 

一方で書店に行くと「これ一冊でOK」シリーズが散乱しています。

これ一冊で全て攻略

これ一冊で合格

これ一冊で一週間で英語をマスター

これ一冊で最短30日で初級~上級対応など、もううんざりです。

 

一体どの知識を選んだら、私は英語がしゃべれるようになるんだろうと思っていました。

だって、どれも同じようなことを言っているし、内容もパラパラと見たら大体同じなんです。

 

違う事といったら、赤い字で強調してあるところとか、まあそのくらいです。

文法の説明が詳しくのっているかいないか、CDがついているかいないか、

たったそのくらいのことでどうやって正しいものを選んでいったらいいのでしょう。

 

全部同じなのに。私は気がつきました。そうです、全部知識は同じなんです!

 

 

もともと英語をしゃべるのに必要な知識は同じ、大量にそのあたりに転がってるんですよね。

しかも、すごく詳しく、低価格で、むしろ無料で。本当に大量にありますよ。

ゼロから始めるとか、超初心者のためのなんていう本もゴロゴロありますよね。

 

でも、その本を購入したり、英会話学校に行ったりしても、

上手くなるわけではないんですよね。どうしてでしょうか。

それは「どうやって」習得するかにフォーカスしている人が少ないからです。

 

もう文法や単語なんてある程度知っています。Where’s the train station? It’s next to the supermarket.

Why did you want to study English? Because …. っていうのは誰でも読んだらわかるし、もう誰からも教わりたくないはずです。

 

むしろ高額を支払った英会話でこういう事から始められるとクレームになりますし、

こんなフレーズがいちいち解説してある本は買わないはずです。

でも、実際に同じことをべらべらと外国人に話しかけられたら、

一分間英語で話し続けられるかといったらできないのです。

 

それは、どうやって習得するかがうまくいっていないからです。

この「どうやって習得するか」にフォーカスしている人は少ない。

教え方のプロというのが少ないんです。

教え方のプロが作った教材を使ったり、

教え方のプロに英語を習わないとやっぱり知識が定着しない。これが英語が伸びない理由です。

 

英語ができる人は山ほどいます。英語の知識を知っている人も山ほどいます。

でもその知識を教えるプロっていうのはなかなかいないでしょう。

英語を教えるプロからは、大きな成果が出るのは間違いありません。

>>http://www.simpleenglish81.com

 

 

興味がある人はチェックしてみてくださいね。(^^)

 

英語力が伸び悩んでいたら、相談してください(^^)

どんなメッセージも受け付けています。

 

↓↓↓

お問い合わせ

 

 

Thank you for your cooperation 😉

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村