スポンサーリンク

 

TOEIC700点~800点があれば

堂々と履歴書に書けると思います。

 

そんなことはわかってるんですよね。。。

 

でも、今までに満足いく結果じゃなかったということは、何かを変えなければいけないってことですよね。

 

今までは600点代や700点代をウロウロしていても800点代に持っていきたい場合、

今までと同じことをしていては目標が達成できないわけです。



寝る前には英語のCDを聞く。と決めても、

どうしても疲れて眠くなって寝てしまうこともあるんです。

 

ちょっと考えたんですけど、あなたが英語に興味があったら、すぐにでも『英語がしゃべれる自分』になりたい。

 

そうではありませんか?

 

できたら3ヶ月以内くらいに。。。

 

恋愛とか結婚と似てませんか?

 

できたらすぐに彼女、彼氏ほしい。

さっさと運命の人的な人に出会いたい。

 

それで、何ですぐに彼氏彼女ができないか、英語なりたい自分になれないかって考えたら、まず変えなきゃいけないのは自分自身だったりするんですよね。。。

 

この場合は、環境をなりたい自分のためにセットしておくということが大切です。

 

使う言葉、行動を変える必要があります。

 

習慣を変える、英語ができるようになる習慣作る。

 

習慣を変えたら、グンと点数がアップして生活も変わってきます。

 

成功するかどうかは心構えの問題だったりします。

心が変われば、習慣が変わっていきます。

 

以前に教えていた生徒に勉強の時間について

カウンセリングしたところ、彼は本当に習慣の中に英語を取り入れて

TOEICの点数が100点以上アップしたという例がありました。

 

例えば、通勤通学時間を利用して

1時間はリスニングの練習をすると決めたら毎日するようにします。

 

何かを犠牲にしてでも勉強時間を作ってやる

というような習慣をつくる⇒それが当たり前になるまでやる

 

ということをやってみてください。

毎日1時間のリスニングトレーニング×20日でも

違います。これを続けていけるかどうかがカギになってきます。

 

スポンサーリンク


通勤時間は疲れているので寝てしまうという場合は、

寝ている時間を捨ててみるのもいいかもしれないです。

まず捨てるものを決めて、捨てるものがあっても得たいという心構えがあることで

結果が違ってきます。

 

私は英語ができるようになるために生活の中の日本語をすべて英語にしました。

もちろん、仕事中は日本語も使いますが、それ以外は全部英語にするということです。

捨てたのは一日8時間くらいの日本語を使う環境ということになります。

睡眠時間を捨てるということもできますが、睡眠をとらないと

頭が働かなくて効率が悪くなってしまうこともあるので、捨てるものは人それぞれですね!

 

英語習慣にした結果、考え方や習慣、行動も変わりました。

 

なので、ずっと同じ結果に悩んでいたら、あなたの習慣を変えてみてください。

続けていると成功するような習慣をずーーーーーーっと続けていたら

必ず変化があります。

 

ではでは

 

メッセージや感想を頂けるとすごく嬉しいです!

大変励みになっています(^^)どうもありがとうございます!

email@englishlearning12.com