In

「~の中にいる」を表す時は、Inを使います。

He is in the garden.

彼は庭にいます。

It’s in the box.

それは箱の中にあります。

I found the shell in the sea.

海の中で貝を見つけました。

At

一地点を表すのは、Atです。

InとAtは、その場所によって使い方が決まっているので、覚えてしまった方がいいでしょう。

Library(図書館)は、In the libraryでもAt the libraryでもどちらでも使えます。

 

Atを使うのは、一地点にいるような時です。

例えば、バス停の一地点にいるような場合はAtを使います。

I’m at the bus stop.

私はバス停にいます。

He is at the door.

彼はドアのところにいます。

※「ドアのところ」というのは一地点で、「~の中」ではないからです。

On

「~の上」を表す前置詞です。音読トレーニングではOn aと続くと、「Onna」と言うとネイティブっぽく聞こえると解説しています。

「~の上」という意味がありますが、実際は「~に接している」という意味になります。

なので、壁や天井でも「On the wall」と言ったりします。

 

The clock is on the wall.

時計が壁にかかっています。

The coffee cup is on the table.

コーヒーが机の上にあります。

※文法の解説のためにこのような文章を使っています。実際は、Can you pass me the plates on the table?机の上のお皿をとってくれませんか?と言ったりします。

Around

「周り」という意味です。時間と一緒に使うと、「約」「大体」という意味になります。

 

Can you sit around the table?

テーブルの周りに座ってもらえますか?

Can we meet around 10am tomorrow?

明日は10時ころに会えますか?

Across

「向こう側」という意味です。

Over thereではなくて、道を説明する時には、Across the streetというと分かりやすくなります(^^)。とっさに道を聞かれた時には、「あちらにあります」と言ってしまいそうになりますが、「道の向こう側」と言うとはっきりと伝わるでしょう。

※Acrossの後にFromをつけると、Across from =~の正面という意味になります。

The supermarket is across from the cafe.スーパーマーケットはカフェの正面になります。と使うことができます。

前、後ろ

In front of =前

Behind=後ろ

Next to=隣に

という意味になります。

 

前、後ろを使うと海外旅行に行った時に道を聞いたり、日本で道を説明する時に便利ですよね。

It’s in front of the building.

それはその建物の前にありますよ。

It’s next to the station.

駅の隣、すぐですよ。

と説明することができます(^^)。

 

第17回は以上です(^^)。お疲れさまでした(^^)。

おかげさまでランキングではいつも上位です。みなさまのおかげです、本当にどうもありがとうございます(^^)

↓↓↓

Thank you for your cooperation 😉

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村