リダクションは、消えてなくなる音です。

リンキングでは、音と音がつながって違う音に聞こえるという法則がありますが、リダクションは、音自体が消えてなくなる…

と言っても分かりにくいかもしれません。

 

例えば、Get back(戻る)は、ゲットバックと言うのではなくて、実際にネイティブ英語だと、「ゲッバッ」と聞こえます。

カタカナで「ゲッバッ」って書いたら、変な感じがしますよね。

しかも「ネイティブは本当にこんな風に言うのかしら」とも疑うレベルだと思います。

でも、「ゲッバッ」言ってみてください。本当にネイティブみたいに聞こえますよ(^^)。

 

リダクション(脱落してきこえなくなる音)には、TDGHの音、そして文頭の音があります(^^)。

 

リダクションのT

英語のリダクションを知って余裕で話せるのはこれ!最初に攻略すべき「Tの法則」

I went to the mountain in Manhattan.(マンハッタンの山に行ったよ)マンハッタンの山に行くわけはないのですが、こちらの音声は良くとれたと思うので、参考になると思います。

Mountain は、マウンテンではなくて、「マウンン」みたいに聞こえます(^^)。

 

リダクションのD

Good nightグッドナイトではなくて、「グッナイ」と聞こえますね。

 

Good bye GoodのDが消えて、グッバイになります。これは一般的に知られているかと思います(^^)。

グッドバイって発音する人あまりいませんよね。カタカナ読みで英語を覚えている私の父の世代でも、グッバーイと言ったりしますから。

 

リダクションのG

Good byeは、最初にGが来ているので、リダクションにはなりません。Gで終わる単語の後に何か単語が来て、続けて言う場合に音が消えるのをリダクションと言います(^^)。

 

それでは、リダクションのGの例はどんな例があるのでしょうか?

Have a good dayは、ハバグッディとなります。

I had a good time.(楽しかった)は、最初のDは、音が変わるリエゾンで、次のGoodのDは、Tと繋がって、リダクションします。

I had a good time.を聞く↓↓↓

 

リダクションのH

On her way home.(帰る途中に)Onとつながって、Hがリダクションします。「オンナウェー」に聞こえます(^^)。

よく、待ち合わせをする時、まだ来てないけど、向かっている途中みたい。と言う時は、

「Seems like she is on her way.」と言うことができます。

 

She is on her wayを聞く↓↓↓

 

文頭のリダクション

「えっ文の始めから脱落するの?」と思うかもしれません。でも、ネイティブ英語を聞いていると、結構「あーあ、こういうのね」と思う事があります。

It’sが。イッツではなくて、「ッツ」と聞こえたり、Becauseが、ビコーズではなくて、「コズ」と聞こえたりする時があります(^^)。

日本語の感覚だと、友達と話す時に、「っていうか」が、「ってか」になる感覚でしょうか…

 

発音は、自分一人ではできないものなので、正しい方法で練習して確認してもらうのが一番です。

間違って覚えたら直すのに5年は無駄にしますからね…。

 

参考記事:TOEICが200以上アップする講師かおりの無料レッスン体験版

 

実践編では、Youtubeで動画を見れます(^^)。

 

ではでは

 

おかげさまでランキングではいつも上位です。

みなさまのおかげです、本当にどうもありがとうございます(^^)

↓↓↓

 

Thank you for your cooperation 😉

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村