スポンサーリンク

 

英語と日本語って全く似てないですよね。それでどうしても覚えられない言葉とかが出てきたら、モチベーションが一気に下がる。

「何でこれがこうなるの?理解できない…( ;∀;)」ってなる。

 

例えば、今ではよく職場でも使っている人がいると思いますが、「プロモーション」という言葉。

Promotionは、促進とか、促すっていう意味なんですけど、「プロモーション」と「そくしん」っていう言葉、全く似てないですよね。

 

「プ」の字もないわけです。

 

これが、スペイン語とポルトガル語とかになってくると、似ている言葉もあって大体意味が通じる…こんなにうらやましいことないです。

 

それで、「どうしても暗記できないわ!!」っていう単語や表現があったら、文章やイメージで覚えていくしかないんですよね。文章の中の一つの単語として周りから攻めていく作戦です(^^)。

 

例えば、Corridorsという単語。これは「廊下」という意味です。

In Japan, children have to clean classrooms and corridors at school on their own.

日本では、教室や廊下を生徒が自分たちで掃除しなきゃいけないんです。

 

こういう例文があったら、「Corridors」と「廊下」を単語カードの裏表に書くよりは、覚えやすいと思いませんか。

この場合は、教室掃除、掃除関連⇒トイレ掃除も考えられると思うんですけど、おそらくトイレ=Toiletとか、Bathroomっていうのは聞いたことがありますよね。

それとは違う単語のCorridors。

それで「自分も昔廊下や教室を掃除させられてたな…」とか考える。

↓↓↓

イメージと単語がピタッと合って、Corridors=廊下と頭にインプットされるんです(^^)。

 

実はやってみるとですね、すごい効果的なんですよ。

イメージでつかめるようになったら、右脳で考えられるようになってきているということなので、こんな効果が出てくると思います。

↓↓↓

なぜ「TOEIC700以上の英語力がモテ、仕事、健康、お金で100%願いを叶えるのか」について私も考えてみた

 

おかげさまでランキングではいつも上位です。

みなさまのおかげです、本当にどうもありがとうございます(^^)

↓↓↓

 

Thank you for your cooperation 😉

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク