「TOEICと日常英会話のどちらを優先して勉強したらいい?」という疑問、ありますよね。

どちらを優先したら、時間を損しないか。労力やお金を損しないかという質問です。

 

まずは、何を捨てるかを決めた方がいいと思います。

 

なぜ「捨てるのか?」というと、捨てた方が、目標達成のためにエネルギーを注げるからです。

 

仮に、3か月以内に、TOEIC800点を取ること(またはTOEIC200点以上アップ)を目標とします。

そしたら、とりあえず日常英会話を極めることは優先できないことになりますよね。

 

最終的に、日常英会話のレベルが底上げされることはあっても、TOEIC対策をしている時には、TOEICのみに集中するのが一番効果的です。

 

周りで、「日常英会話もやったほうがいいのでは?」「TOEICよりもスピーキングが…」と言われたとしても、まずは目標を一つ達成することが効率的な勉強法です。

 

そうは言っても、最終的に、「TOEICだけ高得点でも英語がしゃべれないのは嫌だ…」ということってありませんか。

TOEICが700点以上でも英語がしゃべれない人はたくさんいると思います。

 

そんな中で、私がお伝えするトレーニングを実践すると、TOEIC高得点でも英語がしゃべれない人が多い中、あなただけはそういう人達を横目に、英語がしゃべれるようになります。

 

「TOEICの点数も会話力も同時に底上げしたいんだ!」という場合は何を実践したらよいのかというと…

 

音読トレーニングがおススメです。

 

TOEIC対策+音読トレーニングで、リスニング、リーディングの力はもちろんのこと、スピーキングの力まで強化されますから。

 

「音読って、声に出して読むだけでしょ?」「それで効果があるの?」と思うかもしれません。

でも、音読をするだけで、TOEICが200点以上アップしたらどうでしょうか?

日常英会話が楽しくしゃべれるようになって、海外旅行も楽しめるようになったら?

何も頑張らずに外国人の友人が次々とできていく。

海外へのキャリアも、望めば海外移住もできると思ったらどうでしょうか?

 

「音読」だけですよ。

 

信じられないかもしれませんが、私自身も自分で音読トレーニングをやってきて証明していますし、実践者のBefore and Afterも見てみてください。

 

気になる方は、こちらの無料プレゼントを受け取ってみてくださいね。

実践した方のBefore and Afterも見られるようになっています。

 

ではでは(^^)。