今回は、第4回目ですね。

人が何かを動かす、変化させる(puthavetakegiveturnmakebring)のうちの、「have」を見ていきましょう。

 

Haveは、基本的な動詞ですが、攻略すれば、日常会話がしゃべれるようになる言葉の一つです(^^)。

Haveの意味って?

「Have=持つ、持っている」と中学文法で覚えた人は多いと思います。

確かに、Haveの意味は、「(物的所有・所持の意味で) 持っている、(…を)持っている、所有する、身につけている、もっている、与えられている、(ある関係を表わして)もっている、いる、(…が)ある、置いている」という意味全て。

ですが、「Have=持っている」にとらわれすぎていると、英語がしゃべれるようになりません。イメージで理解してみましょう。

Haveのイメージ

Haveは、「実際に持っている」というよりも、「持っている状態やある状態」のことを意味します。

そう考えると、たくさんのことを表すことができます。

 

イメージは、「所有・経験空間に何かを持つ」という感じを想像してみましょう。

参照元:https://ejje.weblio.jp/content/have

Bの具体物だけでなく考え・時間・問題・関心などのほか行為・出来事も全部「Have」で言う事ができます。

 

日本語だと、風邪を引いている、お腹が痛い(状態)、今日はクラスがある、彼氏がいる、休暇中、良い一日を(過ごしてね)などなど、

これら全てが「Have」で表現できます。

 

逆に、今伸び悩んでいる、英語で日常会話の表現がなかなか出てこないという場合には、「Have」を取り入れて話してみると、会話力がぐんとあがりますよ(^^)。

Haveで表現できること

Haveでは、こんなことが表現できます。

Can I have a coffee, please?

コーヒーをください。

I have an English class this afternoon.

今日の午後英語のクラスがあります。

I have a boyfriend.

彼氏がいます。

I have a stomach ache.

お腹が痛いです。

I’m on a vacation.=I’m having a vacation.(動画中では、I have a vacationと言っているかもしれませんが、正しくはこちら)

休暇中です。

Have a good day!

良い一日を!

Have a good/nice/great/lovely weekend!

良い週末を!

Have a good trip!

良い旅を!

I’ll have this.

(レストラン、ショッピングなどで)これください。

How will you have your steak?’—‘I’ll have it rare, please.

ステーキの焼き具合はどうしますか?-レアでお願いします。

Wow, now I have 1500followers on my twitter.

フォロアーさんが1500人になりました!

 

Haveの課題をコメントに書くか、メルマガ登録でさらに学習してください。

この講座では3か月で、3年以上初級者を抜け出せなかった生徒さんが、私に出会ってから、初級者を脱出、中級者になりました。

もちろん生徒さんの努力が実ったこともあると思います。Her hard work paid off!