海外旅行に行った時でも、買い物をする時でも、お試し英会話レッスンでも聞かれるのが

「How are you?」

これに対する答えは「Yes」ではありません。

 

Howって一番答えに困る英語ですよね。

「どう?って聞かれても…どうやって答えようかな…」って考えているうちに、確実に相手に変な印象を与えてしまうということが、私はよくありました。

 

なので、もう考えずに、答えを決めてしまおうと思ったんです。決まった答えを覚えると答えるときに迷わないので、世界が全然違いますよ!!

 

それで、How are you?なんですけど、「How are you?」を直訳すると、「元気ですか?」。

それに対して、多くの人の答え方は「Yes」直訳すると「はい」。

 

日本語で考えると正しいのですが、「How are you?」を「どんな調子ですか?」「どうですか?」と考えるとどうでしょうか。

まあ「どうですか?」って聞くのも変なんですけど、そんな感じです。

 

質問:「どうですか?」

あなた:「はい」

 

明らかに、日本語で考えると、「はい」は何となくかみ合ってない感じですよね?

 

答え方は、もう決めておいてしまった方が楽です(^^)。

 

I’m good.

I’m great.

I’m OK.

Good, good.

Good, thank you.

Good, thanks.

Not so good because…

 

最初はどれかを選んでみます。何を言えばいいのかわからない場合は、「Good, you?」で返して終わりにしてしまいます。

 

「調子はどうですか?」って聞かれても…まあ悪くはないけど、それほどいいっていうほどでもないし…

と考え始めてしまいがちなんですけど、ポイントは、How are you? 「Good.+この後の会話の内容」なので、How are you?についての話は短いことがほとんどだと思います。

Goodの後は、「The bus didn’t come and I waited for 20min outside. It was freezing. バスがなかなかこなくてさ~、外がすごく寒かったんだけど。」とか、どうでもよい日常会話になります。

 

定型文を覚えてしまって「この表現は完璧だから大丈夫」と自信を持って言えるものを増やしていくことが大切です(^^)。

 

私は英語を始めた頃にHow are you?に対して「Yes」を連発していましたが、相手からは「コミュニケーションできなさそう…」と思われていました。それを違う人経由で聞いたのでショックでしたけどもね…フフ

 

なので、How are you?に対しては、特に何もなければ絶対に「I’m good.」。

 

特に普通の状態であれば「I’m good.」これで初級はマスターです(^^)。

またJapan English Academyのオンラインサロンに音声アップしておきますね(^^)。

 

PS

この間行ったバルの壁が印象的だったので、写真を撮ってみました。

すごい数のアルコールですね。苦笑

ではでは

 

おかげさまでランキングではいつも上位です。みなさまのおかげです、本当にどうもありがとうございます(^^)

↓↓↓

Thank you for your cooperation 😉

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村