スポンサーリンク

 

単語を暗記しているつもりでも、試験本番になったら忘れてしまう。

ひたすらロボットのように単語を覚えたのに、結局は忘れてしまう。

こんなことはありませんか?

 

単語力って、一体どうやったら伸びるようになるんだろうって思いますよね。

努力して、努力して気が付いたらできるようになっていた。。。っていう話とか聞くけど、実際はどうやったらいいのか。。。

 

実は、英語学習に挫折する人は85%で、その理由は

楽しくないから、お金がかかるからという理由です。

 

じゃあ楽しければ成功するのかといっても、楽しいだけではできるようにならないんですよね。

だって、毎日楽しく外国人とつるんでいて、TOIEC満点を取ったり、英検に合格できるようになるかと言ったら

そういうわけでもなさそうです。

 

それなら、必死に努力してみるとどうでしょうか?

 

リスニング、長文はまあまあ大丈夫なのに、こんなに頑張っているのに、

単語が攻略できないんだあああ!!!と努力がなぜ報われないのかっていうことを環境のせいにしたり、人のせいにしたりもしました。

 

会社の残業の時間が長いので、英語の学習時間がとれない、

試験が意地悪なだけで、受験者を試している。

 

こんなことばかり考えていました。

でも、英語を上達させることを選ぶのも自分、上達できないということを周りのせいにして何も行動を起こさないのも自分なんですよね。

 

でも、実際英検1級や準一級、TOIEC900点以上は難しいレベルです。

単語を丸暗記しても合格しないようになっているらしい。

単語を丸暗記するのではなく、実際に身についているのかが試されます。

 

でも、日常会話に出てこないようなマイナーな単語を、

「身についているレベル」にまで落とし込むのって、相当大変ですよね。

 

これには、生きた単語を身につける勉強法が必要になってきます。

 

smile.jpg

 

生きた単語を使えるようになる、身につけるためには、

子供が言葉を覚えるようにして、学習していくステップが必要です。

 

この方法で正しく攻略していくと、点数が底上げされて合格につながるらしいです。

 

生きた単語を使えるようになる方法については、こちらのトリリンガル育児の記事に書いてみました。

 

興味があれば、参考にしてみてくださいね(^^)

 

I would really appreciate it if you send me a message or leave a comment 😉

Hope you have a nice day today.

 

 

See you later!

 

Thank you for your cooperation 😉

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村