最短最速で効率的に試験に合格する方法。

 

答え:わけてつぶす。

 

いえ、料理とかの話じゃあありませんよ。笑

 

 

本当に、問題を分けて問題点をつぶしていくっていうことです。

 

問題全体が「わかんないよー」「できないよー」ってなりがちなんですけど、

どういうことがわからないのかっていうのを分けて分解して対策します。

 

これだけです。

 

なので、試験対策は、実はスピーキングより簡単だったりします。

 

頭のいい人とか容量のいい人、自分自身をよくわかっている人なら即効できるようになるでしょう。

 

これが、話せないけど、TOEICの点数が高い、英検1級とれてる人が多いっていう理由です。

 

試験対策は効率的にやったら合格します。

 

でも、逆に、最短【単にかけている時間が短い】っていうのを勘違いしたら

合格とは反対方向にいってしまいます。

 

最短っていうのは、必ずしも短い期間というわけではないようです…( ;∀;)

 

 

英検合格に一番効果的な方法があります。私自身、問題解決のためには、これが究極だと思っています。

 

分けて対策する。

 

これだけです。本当にこれだけです。

 

英語なら、

Reading

Writing

Listening

Speaking

 

に分けられますよね。

 

さらに、Readingであれば、単語、目の移動のさせ方、スキャニング、スキミング、分野別の用語、英語の表現などなど。

 

さらに、分野別の用語なら

医療

科学

歴史

物理

生活

文化

などなど…

 

分野別に分けられます。

 

分けてある問題集を見てみると参考になりますよ。

 

例えば、医療なら、医療についての単語や文章が載っているものです。苦手な分野を徹底的にやり通す。

対策する。そうすると、一つできる分野ができますね。そしたら、全部で実践してみます。

 

↓↓↓

 

あなたがレベルアップ。

あなたの生活も変わる。ということです。

 

 

全部が入ってこれ一冊でokがだめな理由はここにあります。

全部入って簡単だよ!これ一冊でいいんだよっていうのは、確かに本を買う人が「これ一冊でいいんだ!」じゃあこれでも買っておくか。と思うようにできています。

 

頭のいい人は、他にもやっています。実際、「これ一冊でOK」系の問題集は、

それぞれの分野に対する問題数がたくさんなくて、「わけてつぶす」ことができないのであまり練習できません。

 

数をこなしながら頭にしっかり入ってくるタイプの人へ。

例えば、リスニングを強化したい時、リスニングに特化した問題集はどうでしょうか。

 

(結果的に不安になったので、全分野を買うことになりました…
合格してよかったですが…( ;∀;))

 

1,000円から2,000円で購入できるみたいですね。

 

また、リスニング以外にも長文が不得意だと思ったら、

ひたすらそれを攻略すると他の人と比べて伸びが数倍違います。

 

 

 

特に強化したい分野があれば、こんな感じでリスニングオンパレードみたいのが効果的です。

 

こればかりやっているよりも、
リーディング、リスニング、ライティング全部攻略されているものが
お得なんじゃ?
と思います。

 

でも、あくまでも目的は
合格
です。

 

なので、やはり苦手分野を徹底的に克服するためには、
こういう分野別で対策した人が、合格できる人です。

逆に全部入って全部攻略できるこれ一冊!みたいのは遠回りになります。

 

最短といっても、実際に英検対策にかける時間を減らすのではなくて、コツコツ確実に合格に近づいていくことが

「最短」かもしれません(^^)

 

 

 

I would really appreciate it if you send me a message or leave a comment 😉

Hope you have a nice day today.

 

 

See you later!

 

Thank you for your cooperation 😉

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村