スポンサーリンク

 

今日は私の学習方法を書いていきたいと思います。

私にとってまず新しい知識ばかりが詰まった英語学習の本を買ったとき、

まず目次やカテゴリーに目を通します。全体に何があるのかなということを確認するためです。

これは内容を全部把握することではないので、一時間程度で終わります。

本の目次を確認して、少しパラパラとめくる程度です。

容量がいい人であれば、30分もかからないでしょう。

 

次に、分野別に見ていきます。

リスニング、リーディング、ライティング、スピーキング

それぞれの分野にカテゴリー分けをして

どうやったら攻略できるのかを考えていきます。

リスニングを見たときに何時間かかるとカテゴリー分けをして、リスニングはリスニングで対策をする。

スピーキングはスピーキングという風に順番に対応していきます。

 

スピーキングの部分ではさらに必要な語彙などについても

対策していきます。自分がある分野にかける日数や時間を決めていきます。

例えば、文化についてなら今日は1時間と決めることです。

それだけに集中します。決して細切れにしないことがポイントです。

 

スポンサーリンク


大体どの学習方法も同じです。

どうやったらできるようになるかを考えるということ。

 

多くの人は、闇雲に単語を一つ一つ覚えたり

意味のない長文読解の日本語訳を考えたりして、自分がどのくらい伸びているのかわからずに

挫折していきます。

 

最近は、これだけ覚えればできるとか

たった30日でマスターという教材が本当に多いです。

 

ですが、私たち人間は楽をしたいという欲求があります。

これはどんな人にも共通しているので、この欲求があることは認めなければなりません。

ですが、楽したいというのは悪いことではないのです。

効率よくどうやって大きな成果を得られるかを考えることが

ライバルに差をつけてあなたが英語学習に成功することでしょう。

 

逆に、「英語は苦労するものだ!」「頭が痛くなるほど聞け!」というような

根性論は、はっきり言って疲れます。

 

知識を持っている人はたくさんいます。

英語の文法の知識に詳しい人、表現に詳しい人もたくさんいますが、

私ほど効率よくサクサクと英語が上達できる人はいないのではないでしょうか。

もちろん、その方法を教えられるということです。

 

多くの人は、英語習得をするまでに長い期間を費やします。なので、英語を頑張っている人に対して

「楽してできるようになるなんて嘘!」「必死に努力しなきゃダメ!」なんていうことを言いますが、

私は楽をして学べるものなら、楽をしたほうがいいと思います。

 

だって、苦しかったら続かないじゃないですか。

ダイエットだって、苦しいダイエットなんて誰もやりたくないですよ。

最近はやりの稼ぐ系のビジネスも、一日20時間作業して稼ぎたい人なんて誰もいないですよ。

 

英語も楽して上達できたらいいですよね。

 

でも私が言う楽してというのは、学習がない意味の「楽」ではありませんので。

 

楽というのは、遠回りをしないでということです。断片的な情報を追いかけてばかりいたり、

トレーニング方法がバラバラだったりすると、結果的に遠回りになってしまって

苦労になります。

 

なので、それだったら最初から効率の良い学習方法と

どうやって心が学習に関連しているか、なぜ英語ができないのかということを学んだほうがよっぽどいいじゃないですか。

学習方法を手に入れたら、半永久的に何にでも応用できるんですよね。

 

英語だけではなくて、就職活動のための学習や

資格試験の時にも役立ちます。

 

小手先のテクニックだけ追いかけている方法では結果的に

大きな労力を無駄にして楽ではなくなるのです。

 

 

楽して英語がうまくなりたいなら、効率的な方法を学ぶ方がよっぽど合理的です。

 

こちらの方法をチェックすると、

「楽してしゃべれる」がいかに得かということがわかります。

 

 

特典についてはこちらの記事をご覧ください>>

 

特典についてのお問い合わせはこちらから

 

 

 

損をしない英語学習方法を

メルマガで紹介しています>>

 

 

 

メッセージや感想を頂けるとすごく嬉しいです!

大変励みになっています(^^)どうもありがとうございます!

email@englishlearning12.com