本日もブログを訪問してくださり、
どうもありがとうございます。

 

私自身が初めて海外に短期留学で行ったのは

アメリカでした。

 

その時は、とてもアメリカ英語に憧れていて、

出発前は、夢の世界に行くような感じで

すごく楽しみだったのを覚えています。

 

学校でも英語が大好きで、成績も普通だったので、

話せるだろうと思って旅立ちました。

 

しかし、現実はそうはいきませんでした…

ここで挫折物語をダラダラと書くつもりはないのですが、

短く結果から言うと、聞き取れなかったということです。

 

憧れのアメリカ英語は全く聞き取れませんでした。

 

それもそのはず、一番基本的なことを忘れていました。

 

音読や会話、リスニングの練習もやっていたのに、

聞き取れなかった理由とは…

聞いている速さの英語(または同じ音)を、

自分の口から出せないと

本当に理解できないということです。

 

海外に何年も住んでいて、

英語に触れる期間が長いなら別ですが、

やはり、自分の口から出てこない音は聞けないし、

理解できないんですよね…

この事実は、10年後くらいに気がつきました。

 

ですので、あなたの口からきちんと言えるように

ネイティブと同じ速さや発音を練習することをおすすめします。

 

もし試していない方は、

オーバーラッピングやシャドーイングをおススメします。

 

音源は、BBCやNHKのウェブサイトが参考になります。

 

NHKの英語ニュースは、

日本人のネイティブのようなキャスターばかりで少し気になりますが、

内容はとてもいいです。

 

 

追記:中国に行ったときに、

テレビのプログラムが全部中国人だったことを思い出しました。

英語や他言語のニュースも、全部中国人でした(´▽`*)

英語チャンネルみたいな名称でしたが、

中国人が全員英語で討論しているという不思議な光景。

いまでも忘れられません(笑)

 

それでは、また

 

応援ぽちが大変励みになっています。どうもありがとうございます

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村