英語圏出身の彼氏や彼女、友達ができると、「コミュニケーションが英語になって、英語がうまくなるのでは?」と思いますよね。

惹かれるきっかけは、相手が日本人にないような目の青さ、鼻の高さ、いつもは聞いたことがないようなきれいな発音など、色々あります。

 

そして外国人ががんばって日本語を話していると、親しみを持ったりする部分もありますよね。

 

実際、英語圏出身の人と付き合うと、コミュニケーションを取ろうと一生懸命になるので、英語力はぐんぐんあがるでしょう。

コミュニケーションの手段が英語なのですから。ですが、「Love is blind恋は盲目」なんていう言葉にもあるように、英語の上達には関係ないという説もあります。

今日は、外国人の彼氏、彼女、友達との交流で英語力を伸ばす方法についてご紹介します。

彼氏・彼女や友達が外国人であるメリット

参考記事:英語ができるとなぜかカッコよく見えてしまう芸能人動画まとめ(スポーツ選手編)

日本人であれば、憧れる、西洋人の見た目。

日本人に比べて鼻が高いし、目も大きい、背も高い。外国人の女性であれば、金髪で青い目の人だったりすると、「お人形さんみたい」と思いますよね。

かわいい人、かっこいい人とつるんでいるだけでも楽しいかもしれません。

ちょっと周りで英語をしゃべっている環境にいるから、あなたも優越感に浸れるでしょう。

さらに、日本人女性、男性はあまり愛情表現は得意ではありませんが、外国人女性、男性は公共の場でもキスやハグを普通にしたりしますよね。

そういうのがかっこよく見えることもあります。

だから、自分もひと時だけ、「現実世界から逃避」できるんです。

メリットは、英語がしゃべれることでかっこいいと思われる。そして付き合いが長くなると、英語が聞き取れるようになったり、英語力が少しアップするということもあるかもしれません。

彼氏・彼女が外国人で英語は上手くなるの?

ですが、実際に英語圏の彼氏、彼女、友達と付き合っているだけで英語ができるようにはなりません。

実際に自分が自覚していない音、意味は右耳から入って左耳から出て行ってしまいます。

自分が発音できない音は、自分の脳みそが理解できないとも言われています。

なので、ただたんに外国人の彼氏、彼女、友達と付き合っているからといって、英語がうまくなるわけではないようです。

CHECK:外国人と2年付き合うよりも英語ができるようになる、英検1級講師かおりの無料オンライン動画講座!

表面上の付き合いには注意

彼氏や彼女が外国人だと、楽しい雰囲気で、バーやクラブに行く遊び方の人も多いでしょう。

そしたら、また他の外国人の友達が集まっていて、気がついたら周りは外国人ばかりということもあります。

 

昼に友達とお茶をして、そのあと一緒に勉強しようという約束をしていた場合、「友達が夜は○○の家で映画を見る予定なんだけど、来る?」

「夜予定もないし、行ってもいい?」というような感じで、ダラダラ一緒にいるうちに、外国人の友達が増えていきました。

 

ですが、本当の友達って何でしょう?本当の付き合いって何でしょう…?

飲み友達はその場限りか、同じバーに行かなくなったら終わりという関係ですよね。

彼氏や彼女も、少し嫌なところが見えたらお別れかもしれません。

楽しさ重視で集まった外国人との関係は、すぐに終わってしまうことも多いです。

 

実際、個人的な経験談では、あるバーに行かなくなったらその周りの人との付き合いが全部なくなりました。

逆に本当に付き合える人が残ったから良かったのですが。自分が何を必要としているかをはっきりさせた方がいいですよね。

 

外国人との文化の違いにも注意点があります。間違っても気になったらすぐに「I love you」とは言わないほうがいいでしょう。

CHECK:I love youを言ってみて相手の反応を観察。I love youの重みを考察した結果は…?

本当に正しい外国人の友達はまず1人でOK

「英語をせっかくやるからには、外国人の友達をたくさん作るぞ!」と意気込んでいる人がいます。

もちろん、友達をたくさん作るのは楽しいことかもしれません。

ですが、無意味やたらに交流の幅を広げてもいいことがありません。

①交流をしていて勉強の時間が減る

Language Exchangeなどで外国人の知り合いができると、一気に自分が国際的になった気がして、嬉しくなります。

自己紹介や、次に会う約束や、チャットで忙しくなってきます。

もちろん、英語の学習にはとても効果的で、英語が実際に使えるようになってくるのですが、他に使わなければいけない時間を無駄に過ごしてしまうことにもなります。

なので、外国人の友達をたくさん作るのはほどほどにした方がよさそうです。

②目標に向かうためのエネルギーが分散される

目標に向かうためには、まず先に「自分がこうなりたい」というビジョンを持ちます。

次にそのための戦略(Strategy)、戦術(Tactic)を学びます。最後に実行(Practice)します。

ですが、ビジョンを達成するためには、ある程度のエネルギーがいります。エネルギーを集中させなければなりません。

ビジョンが「英語がしゃべれるようになる」ことであれば、そこに「友達をたくさん作る」ということは大切ではないでしょう。

英語がしゃべれるようになるには、必要なトレーニングを正しい方法で続けることなのですから。

そこに「友達をたくさん作る」という項目は入ってきません。逆に目標達成の妨げになります。

なので、「外国人の友達や彼氏や彼女を作る」ことが目標になってはいけないということです。

CHECK:なぜ今まで英語ができなかったのか、英語学習の戦略ピラミッドの無料動画を視聴する!

③本当に達成したことが達成できない

本当に達成したいことは、「英語がしゃべれるようになる」ことだと思います。

なので、やはり「友達や彼氏、彼女と英語で会話する」ことが目標になってはいけないのです。

これが目標になってしまうと、本来の「英語がしゃべれるようになる」ということを見失います。

本来の目標を見失ってしまうと、どういうことが起こるかというと、「挫折」です。

知らないうちに挫折している人は、英語学習者のうちの85%です。

原因は、違うことが目標になってしまっている。モチベーションが続かないなどの理由があるでしょう。

なので、まずは、Language Exchangeで英語を練習したいと思ったら、友達は1~2人で大丈夫です。

CHECK:Language Exchangeは危ない?安全な英語日本語パートナーの見つけ方はこれだ!

英会話学校に3年勤務、英検1級講師かおりのメルマガを試しに読んでみる>>

応援ぽちが大変励みになっています。どうもありがとうございます

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村