初めてオーストラリアに行って、ホームステイをする時、

できるだけ相手に喜ばれるお土産を持っていきたいですよね。

 

私は個人的に物よりも食べ物の方が好きなのですが、オーストラリアでも日本の文化に興味がある人などは、

日本の物が喜ばれます(^^)

 

物って言っても色々ありますよね…

 

お箸、お茶碗、お皿、浴衣、下駄、ハンカチ、小物…

 

よく成田空港のお土産屋さんで売っているものは、典型的なので、自分が考えたオリジナルのものを持っていきたいと思いませんか。

でも、オリジナルすぎて、喜ばれなかったら嫌だし…

 

実際に私がオーストラリアのホストファミリーに持って行って、超喜ばれたものがあります。

 

ホストマザーに渡したら、今まで見たことのないような満面の笑みで喜んでいました。

その時、「ホストマザーはプレゼントをもらうのが好きなのね」と思いました。笑

 

それは、風呂敷です。

 

「えっ。ただの風呂敷…」と思いませんか。

 

でも、風呂敷でも色々な素材、キレイな色、キレイなデザイン。色々ありますよね。

私がオーストラリアでホームステイをするとなったら、私の母はお土産を買うのに一生懸命になって、

キレイな風呂敷を探してきてくれました(^^)

 

その風呂敷は、大きな鶴が書いてある、日本人が見ても「これはキレイねー」というような風呂敷。

 

日本にいたら、風呂敷なんて、どうやって使うんだろう、

おそらく和服小物のところに眠ってしまっていると思うんですけど、外国人には喜ばれます。

特に女性。

 

ホストマザーは、「実際に使うのがもったいない」と言っていて、壁に飾ろうとしましたが、

「いやいや、せめてちょっとテーブルのところに飾るとかでいいと思うよ」って言いました。笑

 

なので、風呂敷は間違いなく喜ばれるお土産だと思います(^^)

 

ちなみに、おみやげを渡す時は、日本のように「つまらないものですが…」って言わないでください。

相手は、「つまらないものなのに、私にくれるの?」と思ってしまいます。

 

プレゼントを渡す時は、

 

This is for you.

This is something I brought from Japan.

This is something I found for you.

 

のように、あなたのために特別に探しました的なニュアンスの方がいいです。

そうすれば、もし気に入ってもらえなかった場合でも

 

「自分のために考えて買ってくれたのね…」と思ってくれます。⇐希望

 

ではでは

 

 

おかげさまでランキングではいつも上位です。

みなさまのおかげです、本当にどうもありがとうございます(^^)

↓↓↓

 

Thank you for your cooperation 😉

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村