スポンサーリンク

 

スピーキング力を底上げするにはこんなことが

カギだったりします。

↓↓

こちら

 

留学してもしなくても同じです。

私が留学中にやっていたことはこれだけです。正直。

 

だから、はっきり言って、私は留学しなくてもよかったと思います。

4年間くらい無駄にしました。(こうしてあなたが記事を読んでくれているので無駄にはなっていませんが、無駄になることも多かった)

 

この方法で、スピーキング力の基礎ができて、知らない間にTOEICの点数も上がった生徒さんもいました。

 

でもですね、「音読練習くらいできる。」

「音読はできるけど、間違ったことをして時間を無駄にしたくない。」っていう人もいますよね。

 

確かに、間違った方法を選んだら時間の無駄です。

損をすることになります。

 

仕事や学校の勉強で忙しいし、まずは休みの日に自分のしたいことをする。

それで余っている隙間時間で英語を上達させよう…という人が多いはず。

 

実際、英語学習の挫折者は85%です。

その理由は、モチベーションが続かない、楽しくない、お金がもったいないということです。

 

逆に考えたら、モチベが続く、楽しい、価値がある環境があれば

英語ができるようになるっていうことですよね。

 

面白いと思いませんか?

実は、挫折している原因っていうのは、英語そのものではないっていうこと。

 

英語のレベルが難しくてとか、いやがらせを受けたとか

英語の先生が嫌いだったとかそういうことではないみたいです。

 

原因は、英語以外にありました。

 

不思議なものですね。

 

ということは、

英語ができるようになる

ための周りの環境を整えていけばできるんですね。

 

TOEIC高得点でも英語がしゃべれないっていうのは、これまでの環境が問題だったりします。

 

その環境が英語ができるようになる環境を作ればいいだけです。

 

スピーキングが同時にできるようになる方法は、英語が挫折しない環境に身を置くことだけだったりします。

 

先ほどの英語に挫折した理由を見てください。

 

英語自体が原因ではありません…( ゚Д゚)

 

英語に挫折した人は英語センスがありながらも、環境が原因で諦めてしまった人が多いと思います。

本当にもったいない…

 

このブログを読んでくれている人も絶対にセンスはあります。ただ、

環境、モチベ、仕事、スケジュールで続けられなかった→諦めてしまった。

 

私は留学が意味がなかったと思います。意味がなかったって言いきるのはちょっと強い気もしますが、

別にしなくてもよかった。

 

英語に挫折しなかったのは、英語環境から逃げられなかったからだけです。

 

だから、そういう英語環境に、日本にいても、世界のどこにいてもアクセスできるようになれば

誰でも英語ができるようになると思います。

 

 

英語に興味があれば、

是非私からのプレゼントを受け取ってみてください。

必ずお役に立てるような情報が見つかりますので!

 

 

PS

 

スピーキング力やリスニング力は聞いた量=力になっていきます

 

右から左に流れていくだけでは意味がないのですが、聞いて、理解してというステップです。

 

なので、リスニングの点数が上がらない場合は、

聞いている量が多くても、

ただ右から左に流れていることが多いです。

 

その場合は、リスニングで流れてくる文章と

同じことが書いてあるテキストを読む。

そして理解する必要があります。リスニングとスピーキング力は繋がっているんですね。

 

こちらの記事では、簡単なトレーニング方法を書いてますので、気になったら

見てくださいね。

 

I would really appreciate it if you send me a message or leave a comment 😉

Hope you have a nice day today.

 

 

See you later!

 

Thank you for your cooperation 😉

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

スポンサーリンク