私は中学から大学までずっと女子校で育ちました。

もちろん、出身校には感謝していますし、とてもいい教育環境で育ったと思っています。

 

ですが、女子校の教育は、「女性らしく」がモットー。

なので、盲目的に「女性は女性らしく男性をサポートして生きるのが最高の人生」だと思っていました。

その洗脳のおかげで、最初に就職したのは、女子ばかりの環境である秘書業務。さらに結婚することが女子の最高の幸せと思っていたので、なんとか当時の彼氏を結婚しなければと思っていました。

ですが、当時の彼氏と別れて特に結婚する必要もなくなりました。

 

そして「サポート的な仕事」が自分にとっては別に楽しくないし、「女性らしさを大切に」という考えに疑問を持つまでになりました。

 

それから、一人でも生きていけそうな力をつけるには「国際的な視点って大切なのかな…海外かっこいい…」という気持ちで留学してみました。

 

色々あって現在は個人でインターネットで仕事をしているのですが、最近よく聞く「女性起業家」「女子起業」「女社長」という言葉がとても気になります。

 

じゃあ「男性起業家」「男子起業」って言うのかしら。

 

普通に「女性起業家」「女子起業」という表現を使っている人が多すぎる。

疑問にならないのですかね。

 

なぜ私がこの言葉を疑問に思うか。

 

理由は、「起業」「医者」「教師」「働くこと全般」を男性のことだという概念があって、

その概念が存在する日本社会を「女性起業家」「女子起業」「女医」「女教師」という言葉が反映しているからです。

 

個人的には、こういうジェンダーの話、すごく熱弁振るってしまうんですけど…。

 

「男性が会社で働くことが前提」というのは、昔はおそらくどこの国でもあったことだと思います。

 

私が住んでいるスペインも、30年前は、女性は男性からのサインがなければ銀行からお金を引き出せなかったとのことです。

男性が車を運転して、女性には運転させたくないという考えもありました。

ですが、現在の社会になって、このような言葉が存在するのは日本はまだまだ遅れているな…と思います。

別に言葉の前に「女性」「女子」「女」をつける必要はないでしょう。

 

さらに、「えっ」と思ったキャッチコピーの中には、「集客に悩む女性起業家のみなさんへ」的なものもありました。

ターゲットは確かに「女性、起業家」ということなのでしょうが、じゃあ「集客に悩む男性起業家のみなさんへ」でもよくないですか?

※そのようなビジネスをしている方を批判しているわけではありません。

 

とりとめのない文章になってしまいましたが、私は女子校で「女性は女性らしく」という教育を受けてきて、

女子学校での教育と自分の意見の違いに気がつくまでに10年以上かかったので

「同じような意見の方がいるのかな」と思って書いてみました(^^

CHECK:なぜ「女性らしく」を求めていた私が「一人で生きていこう」と思ったか?講師かおりの波乱万丈レポートを無料ダウンロード

 

ではでは

 

Thank you for your cooperation 😉

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村