アメブロ更新しました(^^)。「石の上にも三年って英語で何て言うの?」について書いています。

このブログを書いた直後、読者の方から「この英語を日本語にしようとするのは間違っています」とのコメントを頂きました。

コメント、どうもありがとうございました。

 

成功している人のブログやメルマガから、

「あなたの情報発信で、主張がはっきりしてきて、一定の人向けに情報発信ができるようになってきたら、成功は近い。

一定の人をターゲットにしているのだから、もちろん、一部の人からは嫌われるかもしれない。

でもみんなに好かれるような情報発信をしていてはいつまでも個性がない。失敗する人の典型的な例。」

ということを学びました。

 

別に私は一部の人に共感してもらえればいいと思っていますし、全員に好かれたいわけでもありません。

 

だから、勝手に「私は成功者側だ(^^)。」と解釈させて頂きました。

こんなことを書くと「おめでたい奴だ」「変わり者」など色んな風に思われそうですね。

 

でも、私は共感してもらえる人だけに、共感してもらえればいいと思っています。

 

このコメントをもらって、思い出したことがあります。過去の企業に勤めていた時の、上司との関係です。

不幸な人は、とにかくダメ出しをしたがる。

 

私が英検一級を持っているので、私に英語の分野で勝てないと思ったら、人間的なこと、性格的なことを否定してくる。

 

だけど、そういう人は不幸。案の定、仕事をやめてからは私とはお付き合いのない人達になりました。

やっぱり付き合いたい人ははっきりさせるべきだと思います。

環境で自分が決まってしまいますし、自分で選べることだからです。

 

英語も同じだと思います。環境でできるようになるかが決まる。そういう環境って大切ですよね。

逆に「自分が理想とする環境にがんばってついていく」くらいでないと、人って変われないんだろうなと思います。

 

PS

先日は公園に散歩がてら、こんなに大きなPalmera de chocolateというパイにチョコレートがかかったお菓子を食べてしまいました。

 

 

この巨大なパイに挑戦する勇気はありませんでしたが、パイにシロップをかけて固めたものだと思います。

味は、基本的に大味です(^^)。

 

Twitterにも載せてみました。Twitter持っている人、つながりませんか?

私のアカウントはこちらです>>

海外私生活についてはメルマガで配信しています。